フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年04月13日

リン1 電話と送金

夢のようなバケーションを終え、帰国、日常の仕事と現実の世界に引き戻されてしまった。

しかし仕事が終わってからは、リンに毎日電話をするようになった。
当時は2000円で40分強の会話ができた。
最初のうちは、途中で残高が0になってもすぐにコンビニへ駆け込み2000円を入れ、再度電話をすることが多かった。
会話が盛り上がると、お金の勘定は二の次になってしまっていた。
結局一日で、電話代に6000円や8000円を使うことも珍しくはなかった。

それが毎日になると、さすがに僕の生活費の中で、電話代が大きなウエイトを占めてくる。
10万円をフィリピンへ送金する約束をした時に、まさか電話代にもそれと同様、もしくはそれ以上のお金がかかるなどは夢にも思っていなかった。

通算で国際電話に使ったお金がいくらになるかは定かではないが、リンにパソコンを買い与え、インターネットをひいてあげた方が、はるかに安く済んだはずだと思ったのは、ずっと後のことである。

初めてフィリピンに送金する際には、ますます戸惑った。
とりあえず銀行に行けば、国際送金ができるかもしれないと思い、駅前の都市銀行に行って、窓口で聞いてみた。
応対は若い女性だった。

「送金先の国はどちらですか?」
「フィリピンです」
「それではこちらの書類に必要事項をご記入ください」
と、複写式のA4サイズの書類を渡された。

僕はこのとき、この人はフィリピンの若い女を囲っているスケベ親父なんて思われるかもなぁなどと考え、一刻も早く送金を済ませ、銀行から出て行きたいと思っていた。

書類を書き終えて窓口に提出したら、

「この受取人とは、具体的にどんな御関係ですか?」

と聞かれた。僕は受取人との関係を友人と記入していた。

「あ、あの〜、友人ではだめですか?」

「・・・・・」
受付の女性が無言でこちらを見つめる。

「具体的にいうと、こ、こいびとです。もっと詳しく説明する必要がありますか?」

一瞬なぜか、愛人という言葉が脳裏に浮かんだ。
あやうくその言葉を口にしそうになり、かろうじて恋人と説明した。
確認質問の一つ一つがプレッシャーとして、あせっている僕の心に突き刺さった。

もしそれ以上無言のプレッシャーをかけられたら、僕は彼女との出会いやら、体の関係があるなどと、いらぬことを話してしまっていたかもしれない。

「あ!それ以上の説明は結構です。わかりました。」

「使途なんですが、生活費なのでそう書きましたが、それで宜しいですか?」

「ちょっとお待ちください。 え〜、結構ですよ。実は最近テロ組織に対する送金防止の目的で、国がうるさいんですよ、そのへんのこと・・で、送金金額はいくらですか?」

「10万円です」

その女性が、何やら書類をめくりながら言った。
「え〜、それでしたら手数料が6500円になりますので、106500円をご用意ください。」

こうして僕の初めての国際送金が終了した。
相手の銀行へは、次の日に入るという。

この送金方法も、今であればもっと賢い方法がいくらでも思いつくのであったが、しばらくは、一度経験をした銀行送金を何度も利用した。

リンの手元にお金が入ったと聞いた時には、嬉しかった。

いずれもお金のかかる方法ではあったが、二人のコミュニケーションを維持する手段と、お金を送金する手段を確立したことが嬉しく、そして安堵した。

それまで国際恋愛など考えられなかったが、その気になれば、障害など取り除けるものだと、自分で自分に関心していた。

僕はその後、3年間ほぼ毎日、リンと英語で会話することになったのである。
おかげで僕の英会話能力は、会社の中でも飛びぬけて目立つほど向上したのであった。

※一口メモ
現在その銀行は、口座を持っていないと送金できなくなった。
また銀行によっては面倒なことは聞かれず、事務的に簡単に送金できる場合もあったが、いずれの都市銀行も、1万円の送金でさえ6000円から7000円の手数料を取られてしまう。

もし今送金に関するアドバイスをするのであれば、銀行送金の場合は、メトロバンクの東京支店からの送金が手数料が安いので、お勧めである。

また違法であるかもしれないが、日本在住のフィリピーナで、送金ビジネスをやっている人にお願いするケースもある。フィリピンの都市部であれば、相手の家までお金を届けてくれる。

一番のお勧めは、銀行の国際カード(裏にPlusなどと書いてある)を作り、それを相手に持たせると、口座にお金を入れるだけで現地で現金を引き出せる。これが一番手数料が安くて、リアルタイムにお金を渡せる手段ではないかと思われる。クレジットカードと違い、口座に入っているお金だけを引き出せるので、後でとんでもないことになる心配も少ない。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ



posted at 17:00
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:国際恋愛
エントリー:リン1 電話と送金

フィリピーナマジック

前回、記事”愛に飢えている?”で、フィリピーナマジックについて少し触れた。
そこで、もう少しフィリピーナマジックについて、分析をしてみようと思う。

なぜ日本のおじさまたちは、フィリピーナマジックにはまり込んでしまうのか?

ここで敢えておじさまたちと限定しているのは、おじさまたちに、圧倒的にその傾向が強いからである。
そしてそこに、少し答えが隠されている。

それはやはり、前回の記事で書いたように、日本のおじさまたちは、疲れているし愛に飢えているからである。
疲れているから、心からの愛で癒されたいのである。

フィリピーナは、生まれながらにしてその癒しの才能を持っている。


一つ目は、甘え上手なことである。
人間は誰かの役に立ちたいと、無意識に願っている。
だれかに頼られると嬉しく思う。
自分のしたことで誰かが喜ぶと、幸せを感じる。
そこに生きがいや自分の存在意義を見出したりする。
そんな人間の心理を、フィリピーナの甘え上手がくすぐるのである。
なにかをしてあげた時に、彼女たちの手放しで喜ぶ姿に、心が癒されるのである。
もともと彼女たちが、貧しい生活環境で育った背景も手助けしている。
初めての景色、初めての体験、初めての環境全てに、素直に反応する。
そんなもの・・、そんなこと・・と心の中で思っていながら、見せかけの感謝の気持ちを表明するのとは、訳が違う。
時として彼女たちの我がままを、口ではうっとうしいと言いながら、ニコニコした顔で対応しているのも、そのせいである。
彼女たちの、喜ぶ顔がどうしても見たいのである。
そしてますます頼られたいのである。


二つ目は彼女達の優しさである。
彼女たちは自分のファミリーを、本当に大切にする。
宗教的な慣習も関係するが、ファミリーのためには自己犠牲をいとわない。
そんな彼女たちの姿に、まずは心を打たれ、関心する。
そして、それが彼女たちの優しさだと思い込んでしまう。
いや、実際に優しいのだ・・愛している人には・・。
彼女たちの愛は、チョモランマより高く、深海よりも深く、そして宇宙ほど広い。
しかしただのお客さんに対する優しさは、業務用である。
そこで本物と業務用を混同してしまうと、話はややこしくなってしまう。
もしそれをしっかりとわきまえていたとしても、それはそれで、彼女たちの本物の愛を受けられる人になりたくなってしまう。


三つ目は彼女たちの底抜けな明るさである。
楽しい時は笑い、楽しくない時は笑って楽しくなる。
だから悲しい、苦しいと言われ、心配で会いに行くと、ケラケラと笑っている。
南国育ちだから、おおらかで、細かいことは気にしない。
いつもそうだから、彼女たちの言動に矛盾があっても許してしまう。
まっ、いいかという気分になってしまう。
そのうちこっちも、楽しくなってくる。
完全に彼女たちのペースにはまっている。
しかも、それが彼女たちの意図した罠でもなんでもなく、まさに天然だから憎めない。


四つ目は彼女たちの考え方である。
若い時から苦労を重ねた彼女たちは、考え方がしっかりしている。
政治に苦労させられていると思っているから、そんな話題になったら自分の考えを本気で話すことができる。
政治以外でも、生活密着トピックスは、結構話題と意見を持っている。
古い風習や言い伝えを信じて大切にする。
フィリピンの親は躾が厳しいので、一定以上のモラルを持ち、マナーを重んじる。
小さいうちから家の手伝いをし、小さな子の面倒をみる。
それ故に、若いのにしっかりしているように見える。
いや、見えるだけではなく、実際しっかりしている。
それが時々、ちゃっかりに変わってしまうから困ってしまうのだが・・・。
普段陽気で生活感のない彼女たちが、意外としっかりした面を持っていることに気づいたとき、思わずハッとしてしまうのである。
そして大人の付き合いができるかも、恋人や結婚相手として悪くないかもと思ってしまうである。


そして五つ目は可能性である。
これが極めつけなのかもしれない。
彼女たちの本物の恋人になれる可能性が高い、もしくは実際は0に近いほど低くても高いと思ってしまうのである。
現実、一昔前のタレントたちは、真剣に日本人の恋人や結婚相手を探していた。
そこに年齢差の壁はない。
だからいい人が見つかると、ほんとに恋人になり、結婚する子も珍しくなかった。
ピチピチのセクシーギャルが、頭の禿げあがったおじさんと本気モードで恋をする。
そんなうらやましい人を横眼でみていたら、よーしこの次は俺の番だと思ってしまってもおかしくない。
今は事情が様変わりし、フィリピンクラブにうぶなタレントは激減した。
代わりにそこは、百戦錬磨のお姉さまたちの巣窟になっているが、どうも昔のその夢を引きずっている人が多いような気がする。


現在、日本男性がフィリピンにいるフィリピーナに送金しているケースは相当あるという。
具体的な統計数値は知らないが、まあそうだろうと想像できる。
不景気だと暗い顔をしながら、一方でフィリピーナにせっせとお金を使っている。

日本のたくさんの男性を虜にしたフィリピーナマジックの日比友好親善と経済波及の効果は、結構ばかにできないのである。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ



posted at 12:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:思いつき
エントリー:フィリピーナマジック
2009年04月12日

愛に飢えている?

昨日久しぶりにフィリピンクラブへ行った。
今は極力行かないようにしているが、どうしもとお誘いを受けたので行ってきた。

初めてのお店であったが、相変わらずフィリピーナに鼻の下を伸ばしているおじさま多数という光景は、いつでもどこでも同じだった。

みんな楽しんでいる。
とても結構なことだ。
しかしはまり過ぎて、ブレーキが効かなくなってしまった自分に困っている人もいる。
困っているのにブレーキをかけない、いやかけられない、そしてかけても効かない・・と嘆きながらも幸せ感を思い切り楽しんでいる。

フィリピンクラブにはまり込むと、出費がばかにならない。
自分の食べるものを倹約してでも、お金をつぎ込む人が大勢いる。
さらに奥方がいらっしゃる方は、そちらの対策にも苦労する。

そのうち、あまりの大変さに音をあげ出すが、フィリピーナの甘い言葉一つで、そんな苦労はどこへやらと、すぐに爆走モードに逆戻りする。
まさにフィリピーナマジックである。

このフィリピーナマジックは、いったい何なんだと、多くの人が自己分析をしていらっしゃる。
その結果、若い女の子の体を自分のものにしたい欲望か?・・という回答に帰結される方もいる。

しかしそうであれば、日頃かけている時間とお金で、いくらでもソープランドや風俗店に通えるのであるが、だいたいはそちらの方向へ流れない。
あくまでもフィリピーナにこだわる。

彼女たちの心をゲットすることに、全精力をつぎ込むのだ。

こころ・・・そう、結局は彼女たちの心をゲットしたいのである。
愛くるしいフィリピーナの心をゲットして、失くしてしまった若かりし頃のあの青春をもう一度・・なのである。

フィリピーナは、年齢の差など、まったく意に介さない。
自分だけを大切に愛し続けてくれる人であれば、自分も本気で相手に尽くす。
そしてその心を一度捕まえてしまうと、彼女たちは決してよそ見をしない。
その代わり、恐ろしいほどの嫉妬や束縛にも耐えなければならないのだが・・・。

大方のおじさまたちの暴走は、あの愛くるしいフィリピーナが、自分のことだけを見つめてくれる・・・その甘い幻想が大きな原動力になっているのである。
嫉妬や束縛攻撃などは、知ってか知らないでか、そんなものは二の次三の次で、まずはファーストステージをクリアするためにチャレンジし続ける。
クリアしなければ、ネクストステージには進めないのだ。

そんなおじさまたちを見ていると、日本の男性は少し疲れ過ぎているなぁ、そして本当に愛に飢えているのだなぁとつくづく感じる。

僕がそうであったから良く分かるのだが、一言で言うと、愛に飢えているのだ。

(フィリピーナマジックに続く・・)

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 18:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:思いつき
エントリー:愛に飢えている?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。