フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年04月03日

始めてのフィリピン セブへの旅立ち7

事が終わり、ジェニーはすぐに着替え始めた。
僕の中の常識では、普通は余韻を楽しむものである。
それにも関わらず…。

「you can sleep」(ここで寝てもいいよ)

「no. I have to go back」(帰らなくちゃ)

帰るということは分かった。それならそれで、引きとめることはない。
やはり体を売ることだけが目的で、ここへ来たのだ。
もっと、純粋なコミュニケーションを期待していた僕の中に、裏切られたような気持ちが込み上げてきた。

そうであれば、ここでお金を渡すべきなのだろう。
まだ全てを信じきれていない僕は、遠慮がちに聞いた。

「you need money?」(お金がいるよね?)

「yes」

やはりそうだ、お金なのだ。
しかし、いくら渡すべきなのか、さっぱり見当がつかない。

「how much?」(いくら渡せばいいの?)

「it’s up to you」(あなた次第よ)

とりあえず財布から500ペソ(約1000円)を2枚取り出し、恐る恐る差し出した。

彼女はだまっている。僕の出したお金を受け取らずに、そのお札を見つめている。
これでは少ないのか?
もう2枚、500ペソを財布から取り出した。日本円にして合計4000円。
すると彼女は

「OK」

と言い、そのお金をようやく受け取った。

僕はジェニーに、思い切って料金システムについて聞いてみた。
紙とボールペンと電子辞書を用意した僕に、彼女は筆談や図を使いながら、システムについて教えてくれた。

フィリピンのゴーゴーバーは、基本的に連れ出しができる。
ゴーゴーバーでなくとも、客の横に女の子がついて酒を飲む店は、大半が連れ出しOKらしい。
お店で働いている女の子は、それを承知で働いている。
客からリクエストがあった場合、女の子に拒否権はない。

女の子を店の外へ連れ出す際は、お店には「Bar Fine」という名目のお金を支払う。
最初は、この「Bar Fine」をなかなか理解できなかった。

「Bar Fine」は、100%が店の取り分であるが、店によっては女の子へのチップを含む場合もある。
それは「Bar Fine」の金額で、客が判断すべきものらしいが、その辺の判断基準や、その場合の女の子へのチップはどうするか?などについては、よくわからなかった。

僕が先ほど店で飲んだ分の伝票にも、「Bar Fine」が含まれているそうだが、支払いを立て替えてもらったので、よくわからなかった。

いずれにしても「Bar Fine」の基本は、女の子の売上げ見込み分の補償である。
客がそれを支払うことで、店が女の子の連れ出しを許可するというシステムになっている。
店にお金が入ってくるから、店側も女の子の連れ出しを積極的に勧めるということだったのだ。

店の中には小グループがいくつかあり、それを統括しているグループリーダーがいる。
先ほど店にいた年配ママさんも、グループリーダーの一人。
自分のグループの収益を上げると、自分のサラリーがアップする歩合制らしい。
だからリーダーは、自分の受け持つ女の子を、少しでも多く客に紹介し、少しでも連れ出ししてもらうように、客に働きかける。

そして女の子も、連れ出しがなければ生活が苦しい。
驚いたのは、彼女達の給料である。
ビキニを着てステージ上で踊る子は、1日200ペソ(400円)。
もしビキニを着用せず、自分の服で働く場合には、1日100ペソ(200円)しかないというのだ。

ジェニーのお店は、「Bar Fine」を100%、店が取るそうだ。女の子のバックはない。
僕は、「Bar Fine」として、店に750ペソを支払っていたらしい。
「Bar Fine」に女の子の報酬が含まれていない場合、女の子は客から直接チップをもらう。
だから僕はジェニーに、それ相応のチップを支払わなければならないということだ。

そのチップの相場について尋ねたが、それについては教えてもらえなかった。
だから、僕がジェニーに渡した2000ペソが、高い安いかは、わからなかった。

おおよそシステムについては、わかった。
ジェニーはタクシーで自宅に帰るとのことだったので、授業料及びタクシー代として、追加で500ペソを渡した。

彼女は、またお店に来てとだけ言い残し、部屋を去った。

長い1日だった。
始めてフィリピンへ来たばかりだというのに、たくさんの事があり興奮が冷めやらない。
しかし静まり返った部屋に一人残された僕の心は、不思議な寂しさでいっぱいになっていた。

(初めてのフィリピン セブへの旅立ちシリーズはこれで終了です。
この後の日々については、フィリピン セブ編にてお伝えしていきます。)

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116539924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。