フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年04月06日

東京のおじさん その後2

いよいよ東京のおじさんが日本へ帰国となる。

最後の夕食後、結局ハニーはおじさんに、もうすぐ結婚することを伝えたらしい。
だからあなたを愛することは、絶対にない、あきらめなさいということを。
あなたは私の心を変えることは決してできないと。
そして、お金をくれたり、送ったりすることも、もうやめなさいということを。

おじさんは、怒らなかったそうだ。
ハニーは最初から、おじさんの愛を受け入れられないと、はっきりと伝えていたからだそうだ。
決して思わせぶりな態度はなかったと、十分、理解していたそうだ。
そして、ハニーを忘れるようにがんばる、でもずっと愛してると話していたそうだ。

おじさんは、その話があるまで、ハニーの心をゲットできるかもしれない、期待していたと正直に話していたそうだ。
それはやはり、お金を渡していたからだそうだ。

100万円の大金は、前回帰国直前に、空港でハニーに渡した。
それを入れた封筒を渡し、すぐに去ったのだそうだ。
おそらく100万もの大金をその場でハニーが確認したら、彼女は受け取らないと思ったのだろう。
事実その金額にはハニーも驚いたし、その場でわかっていたら受け取れる金額ではなかった、当時話していたからである。

しかし、フィリピーナの心は決してお金では買えない。
おじさんは、大きな誤解をしていたのである。
彼女たちは確かにお金に困っているから、日本で働く。
だから彼女達は、助けてくれるものは、ありがたく好意に甘える。

だからといって、いくらその好意に感謝しても、それと自分の愛とを引き換えにすることはない。
もし最初からセックスや結婚の交換条件を提示してお金を渡そうとしたら、かなりの大金を積んでも、承諾する子は少ないだろう。
プライドが高い子も多いので、そのケースではきっと激怒されるのがおちである。
勿論最初から、そのような仕事をしている子であれば、別の話であるが・・・。

彼女のママの話では、現在ハニーは少し落ち込んでいるそうだ。
これまで長い間優しくしてくれたおじさんに、ごめんなさいという気持ちでいっぱいなのだ。

確かにそのおじさんは、紳士で優しい。
お酒を飲みすぎる欠点がなければ、人間的には申し分ない人である。
だから僕も、気になっていた。
おじさんは、今は悲しい気持ちでいっぱいかもしれないが、このまま引きずるのはもっと罪つくりとなる。
早めに決定的な事実を伝えるべきだと、常々思っていた。

ハニーの済まないという強い気持ちが、せめてもの救いになってくれたらと思っている。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 12:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:東京のおじさん
エントリー:東京のおじさん その後2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116926529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。