フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年04月27日

続く電話・メールと送金

ハニーに熱を上げていた、東京のおじさん。
(ひとつ前の記事はここです。)

東京のおじさんはハニーに会うためフィリピンに来て、ハニーから「今妊娠しているしもうすぐ結婚する」ことを告げられ、頑張ってハニーを忘れるという言葉を残し泣きながら帰国の途についた。


しかし帰国後も相変わらず電話やメールが・・・。
このおじさん、僕とハニーのこれまでの紆余曲折を良く知っている。
だから、自分にもまだ可能性が残されていると信じて、最後の望みにしがみついているのだ。

先日もハニーとskypeで話をしている時に、東京のおじさんから電話がかかってきた。
前日からしつこく電話がかかってくるので、ずっと無視しているというハニー。

「いいよ、電話に出てあげれば?」
という僕の言葉に、ハニーが電話に出た。

すぐにハニーの顔がけわしくなった。
「なに?また酔っ払ってるの?なんで自分の体大事にしない?」
「・・・・・・」
「他にもっといい女の子いっぱいいるでしょ?それ探しなさいよ!」
「・・・・・・」
「心ないのに結婚できないでしょ!」
「・・・・・・」
「心あるのはあなただけでしょ!わたしは心ないよ。あげられないよ。前からそれ言ってるでしょ!」
「・・・・・・」
「なに!わたしそんな女じゃないよ。それ最初から言ってるでしょ?その話するんだったら電話きるわよ。あなたスケベになってるから。」
「・・・・・・」
「うん、うん、わかった。それじゃ。」

東京のおじさんは、相変わらずハニーに結婚を迫っている。
しかも最後には、1回だけやらせてくれたらハニーの事を忘れるからお願いと話しているのだった。
その手の話が始まると、ハニーは本気で怒りだす。

電話を切った後に、その電話の内容に憤慨するハニー。
「酔っぱらいだからしょうがないよ」
となだめる僕。

そしてさっきも東京のおじさんからハニーにメールがきた。
ハニーはいつもそのメールを僕に転送する。
僕は人のメールなんか見たくないと言っても、「かくしごとはだめ」と言ってかならず送ってくる。

東京のおじさんのメールは
「まだ愛してる。忘れない。体はどうですか?3万円銀行に送金したから、元気になるものを食べてね!」
だった。

「ちゃんとありがとうの返事出しなさいよ。それとお金はもう送らないでって、もう一度言いなさいね」
とハニーに話した。

僕の心の中は複雑なのである。
このおじさんのことは、僕も知っている。
酔っぱらうと変なことも言うが、本来は優しくてとってもいい人なのだ。
妊娠していて結婚も決まっている子に、一回だけやらせろという神経はどうかと思うが、これほど一途にハニーを追いかけ、心から彼女のことを心配しているおじさんに、同情を隠しえない自分がいることも確かなのである。

勿論彼女を譲りますなんてことはできないのだが、どうもこのおじさんは、普通のやりたいだけのスケベおやじとは違うだけに、彼の心を救う方法はないものだろうかと胸を痛めてしまう。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 17:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:東京のおじさん
エントリー:続く電話・メールと送金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。