フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年10月02日

アイリーン33

「まさか君と、再びこうして会うなんて夢にも思っていなかったよ」
「わたしだってそうよ。アイリーンのことがなければ、わたしはあなたに連絡をとらなかったもの」

「20年前妊娠をした時に、なぜ僕にそのことを教えてくれなかったんだい」
「それを教えたら、あなたは困ったでしょう?もしそうじゃなかったら、あのときあなたは、わたしにあの縁談を勧めるはずがないわ」

「君にはまいったなぁ」と、彰祐が頭をかきながら言ったが、しかし真剣な顔つきに戻り、「妊娠をしたということは特別なことだよ。僕は君がそれを僕に告げなかったことを、本当は怒っている」と付け加えた。

メリアンはあくまでも穏やかに
「それは今だから言えることよ。あの時あなたがそのことを知ったら、あなたはもっと悩んでいたわ。わたしはそんなあなたを見て、自分が傷つきたくなかったの」と返した。

月並みの女であれば、そんな時は“あなたの幸せを考えて”などと答えるはずだったが、彼女はあくまでも、“それは自分のため”という答え方をする。本当はそうではないことを、彰祐はよく知っていた。それでもそんな答え方をするメリアンに、彰祐は昔から彼女の頭の良さと優しさを感じていた。

「君はぜんぜん変わってないなぁ。まあそれは過ぎたことだ。それに結局は、その時の子供が僕たちをこうして再会に導いたんだ。僕はそこに運命を感じるよ」
「本当にそうね。それはわたしも同感よ」

二人の間には、単に感傷に浸るだけの懐かしい思い出話しはたくさんあったが、彰祐はそれよりももっと現実的で具体的な、心に引っかかっていることや、これからのことについて、一つ一つけりをつけながら、先に進むための話をしたかった。

「メリアン、僕はその運命に逆らいたくはない。どうだろう、僕と残りの人生を一緒に歩いてくれないだろうか。君は僕が愛した昔のままのメリアンだ。ちっとも変わっていない」

「彰祐さん、わたしは昔と同じではないわ。レイラを育てるために、一度は夜の世界に身を落とした女よ。それがどんなことか、あなたにはわかるでしょう?普通だったら女手一つで子供を育てて、家まで買うなんてできないの」

「君はそのことを後悔しているかい?」

「いいえ、そのことは後悔はしていない。あの子を育てるためには、選択肢がそれしかなかったの。そして彼女は立派に成長した。わたしが体を張って彼女を育て上げたの。それを後悔なんかしていないわ」

「それを聞いて安心した。君はちっとも変わってなんかいない。いや、むしろ優しさに加えて、人間として強くなったかもしれない。僕は君の歩いてきた道を、きちんと尊重する。僕もそれができるほど、人間として成長したつもりだよ」
彰祐はメリアンの目をしっかりと見据え、そして言った。
「どうだい?これは君へのプロポーズだ。君は僕の申し入れを受け入れて、もう一度乾杯するかい?」

メリアンもじっと彰祐の目を見つめながら、少しの間考えているようだった。彼女の目にプールから放たれた光が強く反射するようになり、彰祐は彼女の目が潤んでいることに気付いた。
次の瞬間、メリアンはゆっくりと右手でグラスを持ち上げて、だまって彰祐の差し出したジントニックのグラスに自分のグラスを合わせた。
20年の歳月を経て実現した、二人の結婚の約束だった。

レイラには二人の約束の話を、しばらくは伏せておくことにした。レイラが動揺することを彰祐は心配していた。


彰祐はシンガポールでの出来事を、メリアンに聞かせた。
アイリーンが、どれほどメリアンに似ているか、そしてそのことが、どれほど彰祐の心を揺さぶり、同時に癒してくれたのか。
何よりも彰祐がメリアンに伝えたかったのは、今回の出来事が、自分の人生の中でどのような意味を持ち、どのくらい大きなウェイトを占めているかであった。
彰祐の歩いてきた道は、メリアンと別れてから仕事一筋だった。ある程度の財産を築き、社会的地位も確立し、一端の社長として社員や周囲に認知されるようになった。厳しいビジネスの世界で荒波に揉まれながら、人間を見る目を養い、自分も反省を繰り返しながら成長してきた。
しかし、いくら財を築こうが、人間的な成長を果たそうが、それを継承する人間がいないことへの淋しさがあった。同時に、浮き沈みの喜憂を分かち合う人間が身近にいない。それが、自分が何のために働き、何のために生きているのかという自問自答へと繋がった。
若いときにはがむしゃらに走り、突っ張って生きてきたが、仕事が軌道に乗り一段落したころには、人間が独りでは生きていけないといわれる所以を実感するようになっていた。
だからこそ、メリアンの手紙で自分に子供がいると知ったとき、最初こそ戸惑ったが、それがどれほど彰祐の心の救いになったのかを、彰祐はメリアンに伝えたかった。
彰祐はメリアンに、そのことへの感謝の気持ちを伝えたかった。

「こんなことで君の苦労が報われるわけではないけれど、本当にありがとう。君が僕とのことをずっと大切に想ってくれた気持ちが、とても嬉しいよ」
「わたしは何かの見返りを期待して、あの子を産んで育てたわけではないわ。だからわたしのこれまでのことは、気にしないで欲しいの。わたしは今までも、そして今もとても幸せよ。あの二人が立派な女性になった姿を見たら、私の苦労は全部報われるの」
「君は本当に強くなったね」
「子供を育てるということは、そういうことなのよ。子供と一緒に自分も成長していくの。そうじゃなかったら、子供なんて育てられないわよ」

子供を育てたことのない彰祐にはよくわからなかったが、メリアンの言葉には、実績に裏づけされた自信と説得力があった。彰祐はそんなメリアンと比べ、自分がとても子供っぽく感じてしまうのだった。
「昔は僕がリードしていたつもりだったけど、今は君の方が大人だね。ずいぶんと差がついてしまった感じがするよ」

「母親は強いのよ。男はだめね。いつまで経っても子供みたいなんだから」
「そうだね。本当にその通りかもしれない」

「それでも、いざと言うときには男の人にかなわない。あなたは立派にアイリーンを救った。彼女の心も掴んでいる。それはとても素晴らしいことよ。あなただからできたことだと思うわ」

「難しいのはこれからだね。とにかく僕たち4人は、これからお互いに心を通わせる必要がある。そして二人にはタイミングを見計らって、本当のことを伝えるべきだと思ってる」

彰祐は、いつか二人の娘に真実を伝えるべきだと考えていた。
血の繋がりがないとして、それがどんな意味を持つのか。それがわかる前と後で、一体何が変わるのか。取り違いなど、単なるアクシデントであって、これまで培った親子の愛情になんら影響はないはずなのだと信じていた。それよりも二人が何かのきっかけで、秘密にしていたことを知ってしまうことの方が、二人は大きく傷つくのではないかと思っていた。

しかしメリアンは少し違っていた。
レイラが自分の本当の娘ではないかもしれないと気が付いた時、メリアンは気が動転した。取り違いの事実を知ったときには、レイラを彰祐の子供だと信じて苦労を重ね彼女を育てた自分の20年間が、一瞬否定されるような恐怖感に襲われた。しかしいざアイリーンを目の当たりにして、メリアンは開けてはならないパンドラの箱を開けてしまったような、不安にかられていた。
彰祐の言う通り、血の繋がりがないことなど関係がないのである。ならば、余計な詮索をせずに、全てにそっとしておいた方が良かったかもしれないという、後悔の混じった不安である。
勿論それは、アイリーンを助け出したことを後悔するものではなかった。事実知ってしまったメリアンは、心からアイリーンを心配し、彼女を救い出したいと願った。アイリーンがどこかで大変な目に合っていると考えただけで、まるで自分のことのように心が痛んだ。そして自分の手元に彼女が戻ってきたことに安心し、アイリーンと会えたことには幸せを感じているのである。

彰祐はそんなメリアンの気持ちを汲みながらも言った。
「君の気持ちはよくわかるよ。君は、レイラがこの事実をどう感じ、心の中でどう処理するのかが不安なんだ。しかしレイラは誰が何と言っても君の娘だ。それは今更変えられない事実だ。そしてアイリーンが二人の娘だということも、そのことを知ってしまった時から事実なんだ。誰の人生にも、思い通りにならないことやどうしていいのかわからないことはたくさんある。それが普通なんだよ。しかし大方の人間は、そんな運命を受け入れながらも、なんとかしようともがきながら生き抜いていく力を持っている。僕と君が出会ったこと、そのことで君が子供を産んで育ててきたこと、僕がそんな君やアイリーンのことを知ったこと、そして僕と君がこうして再会したこと・・・その全てが受け入れるべき運命だった。そして君は、それらを受け入れながら立派に生きてきた。レイラもアイリーンも同じだよ。彼女たちも運命を受け入れながら、きっとそれを乗り越える力を持っている。そんな風に信じるべきじゃないかと思うんだ」

メリアンは、そんなことを言う彰祐を思いつめた眼差しでじっと見つめていた。そしてふっと力を抜いて言った。
「そうね、あなたの言う通りだわ。起こってしまったことは変えられない。だったらがんばって乗り越えるしかないわね。あなたはわたしを大人と言ったけれど、やっぱり最後はあなたに敵わない。昔からそう。あなたはいつも子供みたいで、どこか頼りなく見えて、でもいざとなると、わたしの全てを包み込むような大きな人になる。あなたは何も変わってないわね、ふふふ」

「いつもはそんなに頼りないかなぁ・・」彰祐は頭をかしげながら、不満そうなふりをして答えた。メリアンはそんな彰祐を見て、ただ笑うだけだった。

↓宜しければどうかポチっと m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 06:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:アイリーン
エントリー:アイリーン33
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。