フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2013年02月09日

マレーシア奮闘記5

 僕は自分の机に座ったプリンスさんの横に椅子を運び、彼にじっくり不良の内容を伝えた。現物も用意し、実際の不良の様子もプリンスさんに見せてあげた。そして僕は、子供ができるだけ高く積み木を積み上げようとしている時のように、できるだけ丁寧に慎重に話を進めた。
「プリンスさん、この内容はとても危険だ。市場でたくさん不良が出たら、プリンスさんはインドに行ったきり問題が解決するまで帰ってこれなくなる。金もすごくかかる。この会社が消えてしまうくらいかかるかもしれない。会社が消えなくてもみんなのボーナスくらい消えると思う。新しい注文も取れなくなる。誰の責任というより会社が大変なことになる。分かる?」
 僕の方へ身体を向けて、前傾姿勢で僕を上目づかいで見ていたプリンスさんは、姿勢をそのままに二度ほど無言で頷いた。
「そしてこの会社にお金がなくなったら、僕は首だ」
 そう言いながら、僕は自分の首を人差し指でなぞった。冗談だと思ったプリンスさんは軽くふふふと笑ったが、僕が真っ先に経費節減の対象になることは自明に理だった。
「まあそれはいいとしても、だからすぐにできる対策を打って僕たちは安心しないといけない。火が噴く前に。火が噴いたら終わりだ。ゴジラさんの吹く火なんてたいしたことはない」
 普段からゴジラさんはなぜいつも怒っているか不思議だと話すプリンスさんは、また少し笑いながらさっきと同じように頷いた。
「サンボさんもアーノルドさんも、まるでそれが分かっていない。もしかしたらプリンスさんも分かっていないかもしれないけどこれは嘘じゃない。長い間メカトロニクスをやってきた僕には、勘で分かる。もう僕の頭の中はレッドシグナルで一杯になってる。ゴージャスなクリスマスイルミネーションみたいだって言っても、モスリンのプリンスさんには分からないかもしれないね」
「大丈夫ね、それ分かる」
「つまり、サンボさんやアーノルドさんと一緒に、どうするかを考えなければならない。それも大至急。この予感が外れたらラッキーだけど、現実になったらやばい」
「オーケー、分かった。それはすぐにやろう」
「それともう一つ、サンボさんはこれをサプライヤーイシューと言うけれど、僕には人災に思える。ほとんど設計不良のようなものだ。まずこの設計にはマージン(余裕)がなさすぎる。そして金型がおかしいと言って勝手に業者に後加工の指示をしているし、金型の変更もしている。更に後加工した品物の寸法が図面と違う。そうすると過去に試験をした製品と今の製品は、もう内容が変わっているかもしれない。つまり既に品質が保証されない状態になっているということだ。これは将来不良が発生した時に、大きな信用問題になる。おたくの製品はだめだということじゃなくて、おたくの会社を信用できないという話になる。そうなると仕事は減る一方だ。しかしこの会社の中には、そう言われても不思議じゃない実態がたくさんある。社内には色々なルールがあるのに、みんな苦しくなるとすぐにそれを無視してしまうしその行為を誰も変だと思わない。まずはそのことを変だと思わなければいけない」
「そうね。でも時間がなくなるとみんなそうなる。時間が足りない。どうすればいい?」
「時間はあるよ。みんな夕方は五時か六時に家に帰る。休みは必ず休んでいる。少し我慢すれば、緊急事態の時にはまだまだ時間がたくさん取れる。設計マージンはないれど、タイムマージンはみんなたっぷりだ」
「おお、マークさん、それ上手ね」
 プリンスさんが、人差し指を僕に向けて照れ隠しのように笑った。
「なにも働く時間を増やせとは言わない。問題が出たらお客さんに説明して、少し日程を変えてもらうように交渉するのだっていい。これは製品の品質を維持するために必要だと言って。こそこそ隠してやろうとするからそうなってしまう。もし言いたくなかったら、自分の時間を少し犠牲にしてがんばるしかない。サプライヤーにもがんばってもらうしかない」
「でもそれ難しいね。プライベートな時間はみんな大切ね」
「それは分かる。フィリピンも同じ考え方だからよく分かるよ。でも痛い目に遭ってふんばりながら人は成長する。最初から無理な日程ではなかったはずだ。時間が足りなくなるのはいつも設計の遅れで全て自分の撒いた種のはずだ。だったらしっかり自分で責任を取るべきだ。すると次はもっと楽に安全に進めようと気を付けるようになる。普通はね。マレーシアはそれが普通かあやしいけれど」
「多分みんな気にしない。みんな逃げようとするし、逃げることを誰も責めない」
「いいよ、僕は僕の考え方をすぐに受け入れて欲しいとは言わない。ゆっくり理解してくれたらいいと思っているし、今はそんな考え方があるということを知ってもらいたいという話だ」
「オーケー、分かった」
「とにかく今は目の前の危険を早く取り除こうよ。本当に僕の首が飛ぶ」
「オーケー、オーケー」
 僕が再び自分の指で首をなぞると、プリンスさんは笑ってそう言った。

 その後すぐに、アーノルドさん、サンボさん、プリンスさん、そして僕の四人で、現在発生している品質問題の件で話し合った。
 アーノルドさんは僕の指摘する問題を認識していたが、すぐに導入できる暫定対策が思いつかないようだったし、それは僕も同じだった。そしてアーノルドさんは、自分は今、既に新しい機種の設計が始まっていて忙しいということを言った。その言葉にプリンスさんが反応した。
「今は新しい機種をやっている場合じゃない。現状品の問題を解決するのが先決だ。なぜ新しい機種をやっているの? それほど日程がタイトなの? 確かまだ余裕があるはずだけど」
 アーノルドさんはそれに対し、口を開けて声のない笑を作りごまかした。ごまかしていることを自覚しているのか、アーノルドさんの顔は赤らんでいた。その様子は普段むすりとしているアーノルドさんが、誰にでもすぐにばれる嘘をつく子供のように見えてなぜか憎めなかった。サンボさんも無言を貫いていた。プリンスさんは呆れた顔を作ったが、敢えてそれ以上追及しなかった。三十分ほどの打ち合わせは、何の結論も出せずに終わった。

 この時の会話で、僕にはアーノルドさんの性質がまた少し見えたような気がした。アーノルドさんは「自分は今のところアイディアはないが、あなたは何かあるか?」と言った。僕は自分なりのアイディアをいくつか並べたが、全て否定された。やる前からそれはだめだと言われてしまった。だめだと言うにはそれなりの理由もあった。それらの理由は僕に納得できるものもあれば、本当にそうかと疑いたくなるものもあった。
 アーノルドさんがその場を離れた後、プリンスさんがぼそりと言った。
「アーノルドはいつもネガティブね。それにコントロールがとても難しい」
 僕はそれにただ、軽く頷くことしかできなかった。僕も普段からアーノルドさんにはどこか物足りなさを感じるものの、どうしてかプリンスさんの言葉に積極的に同調できなかった。アーノルドさんは無責任に問題から逃げたのではなく、どうしていいか本当に分からないから逃げたような気がするからだ。彼は意外と人知れず設計問題に悩んでいることを僕は知っていた。それでもプライドの高い彼には、泥のたまりに落としたコインを這いつくばって探すようなことができないのだ。知らないということや教えてということも言えないのである。
 その後僕が色々とやりだしたので、アーノルドさんは責任が回避できると思い出したのだろうか。ますます消極的に、というよりむしろ面倒なことから回避することに積極的になっているような気がした。
 同時に僕は、現地にいる日本人の諦め体質も分かるようになってきた。この八方塞がり状態に、気を抜くと僕もこの空気に埋没しそうになる。埋没して時が流れるのをただぼんやりと眺めたくなってくるのだ。楽になりたいという気持ちが自分の中で勝ってくるのを、僕はしっかり自覚していた。



↓ランキング挑戦中
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




posted at 02:00
Comment(8) | TrackBack(0)
カテゴリー:マレーシア奮闘記
エントリー:マレーシア奮闘記5
この記事へのコメント
御久し振りです。
マレーシア奮闘記、読んでいるこちらまで溜め息が出てしまいます。
当事者ならではの苦労も絶えないとは思いますが、markさん自身のマージンはまだまだ余裕(殆どの問題は解決可能という経験則等)が有りそうですね。

しかし、物造りの場に於ては“不正直”や“誤魔化し”は本当に無用で、そんな人達は退場して頂きたいものです。
テクニカルな問題は大した事では無く、人的リソースが一番問題だったりするのはやるせない気がします。
良い物を作る、それが第一義だと思います。

極論ですが、それ以外は“駄物”です。

トラブル・ハンター(シューターよりも…)markさん、応援しています。
Posted by kiki at 2013年02月09日 07:29
>kikiさん
kikiさん、おはようございます。
いやあ、僕に余裕はありません。畑違いのメカのことなので、自力でうまくできないことが多くもどかしいです。
しかし畑違いというのがよいところもあり、まず知らないことがあってもそれほど馬鹿にされません。畑違いの割にがんばっているという過大評価をもらえる場合もあります。

物作りに誤魔化しは無用だというご意見、ごもっともです。
しかし実際に、誤魔化しはたくさんあります。日本でさえ分からないことは、結果オーライでやることがありますから、海外で修業の足りないエンジニアであればなおさらです。
そして歴然としたレベルの差があります。
このレベルの差は、設計者だけの問題ではありません。地元の部品業者を含めた問題です。
それでもみんなしっかり稼いで割と豊かな生活(日本とさほど変わらない)をしているのをみると、経済活動とは何なのだろうと思います。
結局許容されればOKで、技術レベルが低くても、探究心がチープでも、残業をしなくても、豊かに生きることができるんです。
それができなくなって初めて、目の色が変わるのだろうと思います。

日本を含めた世界経済、技術力、生活の実態……。ひっくるめて考えると日本は曲がり角に来ていると感じますし、そのことをよく感じて対応しないと、高い技術力を持つ日本のメーカーも転覆しかねない。

漠然とした思いや考えが頭を巡るのですが、頭の整理もついていなければ、ここに書ききれる内容でもありません。

よいものを安く作る技術や体質。しばらく製造業では、これが大切なことの一つかもしれません。
Posted by Mark at 2013年02月10日 07:07
今晩は、Markさん。
ま、一口に“誤魔化し”といっても色々な意味合いに取れますからね。
それなりにマッチングの取れた、結果を想定されたものから、半分目をつぶって無理矢理ねじ込んだ人迷惑なものまで…
自分が意識していたのは、逆の立場だったらという事でした。
もし自分がエンドユーザーとして使う側になった時に、“チッ”、“何だかな〜”なんて万度感じてしまうとしたら…
その逆も有ります。
こんな処まで配慮されているのかと、設計思想を垣間見た様な気がしたり、本当に使い易くて大切に使いたい工具(ヨーロッパ製品には本当に良いものが有ります)を手にした時のワクワク感。
例え自分は末席を汚すだけの存在だとしても、作った製品は暫く残ってしまうので、常に志し位はと心掛けていました。

が…

今は場末の板金屋で機械操作。
出来悪図面と出来悪データと戯れるモラトリアム状態です。

気楽な分、収入も半減でムチを入れないとメルトダウンしてしまいそうです(T_T)
Posted by kiki at 2013年02月11日 22:52
>kikiさん
kikiさん、こんばんは。
返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
実はフィリピンに帰っておりました。先ほどマレーシアペナンに戻ってきたところです。

kikiさんはもしかして僕の前のコメントレスを誤解なさったかもしれませんが、僕はkikiさんの意見を否定しているのではありません。
むしろ僕は日本で長年技術の世界に身を置いた者として、kikiさんの意見や気持ちは重々承知しております。

ただそれとは別のところで、現在世の中の主流になっている経済活動とは何なのだろうと漠然と感じているというお話です。
特にアジアの国々にいると、消費者の製品品質に対する考え方が日本人とまるで違うことに驚かされます。壊れたら直せばいい、それより安いのが一番……みたいなところ。
お金があれば信頼できる日本製が一番良いのはみんな知っていますが、結局手が出ません。
そして安い製品でも十分我慢できるレベルの製品が市場に出回っていて、そちらが消費者の信頼を得てしまいました。その結果日本製品が売り場の隅っこに追いやられています。

日本人がサラリーを落とさず日本製品において市場をリードするには、他に真似できない何かを作るしかありません。日本はヘッドにお金がかかるため、どうしても商品価格を下げられないからです。
しかし新しい物って何? となると、これが中々難しいです。TVも携帯も何もかも出そろった感がある現市場で、確実に求められるものとはエネルギー関連や環境関連、食料関連などですか?
今世の中で本当に求められているものとは、より原始的なもの(より便利な物より、安心して暮らせるもの)に戻っているような気がします。
そしてこれまでの経済活動の在り方に、疑問を持つ人もこれから増え始めるのではないかという予感があります。

それらを全く無視し、もっと高性能でもっと便利な規格を考え突き進むのは、しまいに消費者に対して押し売り状態になってしまうのではないかという気がするのは僕だけでしょうか?
長年製造会社にいた人間として、正直な物作り、技術革新に使命感を感じる一方、もっと肩の力を抜いてみんなで幸せに生きることができるのではないだろうかという考えが、僕の中のどこかにあります。

上手に言い表せないのですが、そんな複雑な思いを持っているということで、御理解下さい。
また宜しくお願い致します。ありがとうございました。
Posted by Mark at 2013年02月13日 23:51
お早うございます、Markさん。
ん〜、難しいと言うか、中々一つの答に集約出来ないテーマですね。
アジアで仕事・生活されている方ならではの実感なのでしょうね。

果たして日本はどの方向を目指せば、望ましい果実をえられるのやら。
高い金貰ってる“偉い”人達、少しはその成果を示してくれないと。

他に無いオリジナルなグッズ、アイデア…
今の日本人には難しいのではないでしょうか。

周辺環境を含め、お寒い教育は、価値観・創造性を養う事を目的にしていない様です。
Googleみたいな企業は、日本からは生まれる事も無いでしょうし。

事は経済のみならず、様々な事から派生している様で、
考えさせられます。

お疲れ様です。
Posted by kiki at 2013年02月15日 07:30
>kikiさん
kikiさん、こんばんは。
そうなんです。難しい話なので、僕もうまくまとめて説明できません(汗)
しかし、何かを変えなければならない、もしくは変わるのではないかという予感はあります。

最近の中国・アメリカを見ていると、ますます狡猾さを増しているように思えますが、現状のままでは現状の経済が成り立たないという焦りからそうなっているのではないかという気がして仕方ありません。
お金を刷り過ぎてしまったアメリカ、中国は、行き過ぎたそれに焦っているように見えますが、日本にも同じことをされたらたまらないと牽制し始めているように見えます。

こうなると、お金がなにさ とフィリピンでココナッツやバナナやパイナップルを取りながら、のほほんと暮らすのが幸せなような気がしてきます(笑)

僕は最近、人から如何に奪ったか(儲けたか)という時代から、人に如何に与えたか(人に尽くしたか)が評価され受け入れられる時代になっていくと思い始めています。
ビジネスもその観点に立って考えるべきではないかと。
いやいや、難しい。自分でも良く分からない話をぐだぐだ書いて、どうも済みません。
Posted by Mark at 2013年02月15日 23:04
マークさん、こんにちは。
久しぶりにコメント致します。
ずっとROMさせて頂いております。
最近のマレーシア編は、私の置かれている状況などと鑑みながら部分的に被る内容もありそういう意味で通ずることが多く、そうだよな、上にも下にもこういう人いるんだよな、だから問題が・・・とか、そうそう&%※#と、勝手に呟きながら読ませて頂きました(笑)それにしても、マークさんのプログには多くの良い意味で関心しっぱなしです。プログに出てくる奥様とのコミュニケーションが上手に出来ていて羨ましい限りです。我が家の事ですと、まだ幼稚園の子供も日に日に多くの語彙を覚え話すようになり、園での連絡や行事などの説明や解釈などで、我が妻との間に言葉の壁というものの影響が強く出る様になってきました。
嫁は英語が苦手のようで、ましてタガログの辞書なんてそうそうありませんから、説明するという翻訳にも( 正味半分も伝わらないのですが )苦労が。。。あはは。
妻のFBを見ると記号みたいな文章が一杯書いてあります。圧縮言語(笑)のような意味不明の記述でなお訳ワカメでまったく僕には理解不能です。聞けばパンパンガ語のショートだとか。。。。僕は個人情報ばら撒きのFBは好きになれずやってないというのに、個人情報が発信されて怖いと思う傍らで妻はFBで発信つづけてます。いつかマークさんの奥様と繋がるかもしれませんね。その時はよろしくお願い致します。マークさんお仕事頑張って下さい。少し長々と失礼致しました。



Posted by dと呼ばれて(改名しようかな) at 2013年02月25日 18:54
>dと呼ばれてさん
dと呼ばれてさん、こんばんは。お久ぶりです。
マレーシア奮闘記はまだ続きがあり書いてもいるのですが、あまり具体的になってしまうところは削除、書き直しをしています(さすがにまずいので…汗)

全く話は変わりますが、dと呼ばれてというハンドルネーム、とても変わっているなぁと思っていました。ふと、この意味はダディの省略のディか? なんて思いましたが、違いますか? そう考えてみたらますます興味深く、もしかしたら深い意味があるのかもと、いつもの悪い癖で妄想の世界に入り込んでしまいました(笑)

実は最近、妄想記事(人の限りある人生と、人間が簡単にパーツを交換できて恐ろしく長生きできるようになった場合、その人生がどうなって人は何を考えるのか、みたいな)を書いて没にしたのですが、一人で長い時間じっとしていると、そのような妄想癖がつきそうで怖いのです(汗)

自分の妄想・空想は尽きず、その中で様々な問題に対する対処方法も考えてみるのですが、最近の記事の中に書いたベルとのコミュニケーションも僕の中では問題の一つです。
やはりそこには言葉の壁があるのを痛感します。おそらくユリとの間にも同じような現象が発生すると思われ、何とかそれを克服しなければと思っているのですが、ベルの場合はユリと少し違うんですよね。
どうせモナと結婚するなら、ベルがもっと小さなうちに早くすれば良かったかもしれないと思ったりします。

モナとの間にも言葉の壁は存在するのですが(特に最近、モナの日本語が下手になったので彼女の話すことがよく分からない)、時折英語で話してくれない? と彼女にリクエストしています。モナの場合、日本語の言い回しを変え英語をミックスで使えるのでまあ何とかなりますが、言葉の壁と言いながら、言語の問題ってそれほど大きいだろうか? という思いもあります。
つまりベルに対してですが、それは自分の言い訳で、一番は自分のベルに対する態度の問題があるのではないだろうかと最近思うからです。
なかなか難しいですね。子供っぽいところを残している今のうちに、できるだけベルと二人だけでおでかけをするなどのイベントを積極的に考えるべきかもと思い始めているこの頃です。

知らないところでモナとdと呼ばれてさんの奥様が繋がったりすると、それはそれで面白いですね。ショートカット文字、英語はある程度分かりますがフィリピンラングエッジになると僕も皆目見当がつきません(汗)



Posted by Mark at 2013年02月26日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。