フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます

東京のおじさん:カテゴリの記事一覧です。

2009年07月03日

カオス

最近東京のおじさんのことでにわかに動きがある。

おじさんはまだモナのことを諦めていないようだ。
僕とモナの関係が壊れることを切に願っている。
モナがはっきりと、自分の気持ちや結婚すること、妊娠していることを告げてから、おじさんはしばらくおとなしくしていた。

しかし最近、再びモナに電話やメールで迫っている。
どうしても忘れられない、一度だけでいいから体の関係を持ちたい、できれば結婚したい・・・。
さすがのモナも、怒りと恐怖を感じ始めているらしい。

他の男の子供を身ごもっている女性に、そこまで想いを寄せること自体は、男としてある意味関心させられると思っていた。
そこまでは、僕もおじさんに対して同情的だった。
そして、それだけであれば僕も放っておくのだが、少し驚いたことが発覚した。

おじさんは本編で登場するエレナに連絡を取っていることが分かった。
モナをゲットするために、力を貸して欲しいとお願いしているらしい。
僕がエレナと通じていることなど夢にも思っていないおじさんだったが、全てこちらに筒抜け状態である。

しかも、もし希望が叶わないならモナの人生を破滅させてやるなどということを言い出しているらしい。

ここまでくると今後の成り行き次第では、ただ傍観しているだけでは済まないと思ってしまう。

しかもおじさんは、近いうちにフィリピンへ行くとエレナに話しているそうだ。
フィリピンへ行ったら、おじさんとエレナは会う約束をしているらしい。
エレナは自分の生活が苦しいために、おじさんからお金を引こうとしているので、形だけの協力者を装っている。
それはエレナがモナに、正直に告白している。

そんな話を聞いたモナは、エレナとおじさん双方に対して困惑している。
おじさんは相変わらずモナの田舎にも行きたいと話しているそうだ。

若干ストーカーの様相を呈してきた。
そんなおじさんに対して、お金目的で話を合わせているエレナに対しても、やや失望気味である。
それを僕やモナに普通に話しているエレナの神経を疑ってしまう。
加藤さんは全てを見抜いていて、身を引いたのかと思ってしまう。

エレナは相変わらず僕の携帯にも電話をよこす。
最近はようやく加藤さんのことを忘れかけてきたようで、一昨日新しい男を紹介してくれと頼んできた。
最初は冗談かと思っていたが、相当本気で話していることが分かった。
加藤さんのことを忘れるのは簡単ではないが、このままだと壊れてしまいそうだから・・というのが理由だった。

しかし、彼女の家庭環境は本編で紹介した通り複雑怪奇で、しかも恋人だった人を忘れたいから紹介してくれと言われても、はいそうですかと言えるはずがない。
紹介するこちらの立場というものがある。


こうして様々な背景を知った上で見ていると、人の利害で動く様や心情がよく見えてくる。
しかし普通は、そんな背景や全体の動きが見えないなかで、各自が自分の思惑だけで動いている。
それがかつての自分だったかもしれないし、これを読んでいる方なのかもしれない。
現在の自分だって、全てを見通せているかといわれたら自信がなくなる。

こんな人生劇場の中で動き回っている人たちは、それぞれ人の良いおじさんであり、優しい女性である。
彼ら彼女らの行動を俯瞰するかのように、全ての事情や背景を踏まえながら上から見おろすことができると、ある程度それが理解できたりするのだが、個別に接していると理解し難いものがあったりする。
それこそまさにカオスである。
そしてフィリピンが絡む話は、よりカオスに満ち溢れているような気がするのである。

先日フィリピーナのことで、思考に行き詰ることがあるとのコメントをいただいたが、カオスに対して普通の思考で挑めば、行き詰るのは当然の成り行きのような気もするのである。

※カオス:混沌。本文では初期状態のわずかな差が、長い時間を経て大きな違いを生じさせる意味で使用しています。本来は想定内の結果に終わるはずが、いつの間にか想定外・予測不能状態に陥るという意味。

↓宜しければどうかポチっと m(__)m
人気ブログランキングへ
COGU(コグ)・キースバリーなど機械式腕時計の販売/スケルトンウォッチ.net



posted at 12:23
Comment(10) | TrackBack(0)
カテゴリー:東京のおじさん
エントリー:カオス
2009年04月27日

続く電話・メールと送金

ハニーに熱を上げていた、東京のおじさん。
(ひとつ前の記事はここです。)

東京のおじさんはハニーに会うためフィリピンに来て、ハニーから「今妊娠しているしもうすぐ結婚する」ことを告げられ、頑張ってハニーを忘れるという言葉を残し泣きながら帰国の途についた。


しかし帰国後も相変わらず電話やメールが・・・。
このおじさん、僕とハニーのこれまでの紆余曲折を良く知っている。
だから、自分にもまだ可能性が残されていると信じて、最後の望みにしがみついているのだ。

先日もハニーとskypeで話をしている時に、東京のおじさんから電話がかかってきた。
前日からしつこく電話がかかってくるので、ずっと無視しているというハニー。

「いいよ、電話に出てあげれば?」
という僕の言葉に、ハニーが電話に出た。

すぐにハニーの顔がけわしくなった。
「なに?また酔っ払ってるの?なんで自分の体大事にしない?」
「・・・・・・」
「他にもっといい女の子いっぱいいるでしょ?それ探しなさいよ!」
「・・・・・・」
「心ないのに結婚できないでしょ!」
「・・・・・・」
「心あるのはあなただけでしょ!わたしは心ないよ。あげられないよ。前からそれ言ってるでしょ!」
「・・・・・・」
「なに!わたしそんな女じゃないよ。それ最初から言ってるでしょ?その話するんだったら電話きるわよ。あなたスケベになってるから。」
「・・・・・・」
「うん、うん、わかった。それじゃ。」

東京のおじさんは、相変わらずハニーに結婚を迫っている。
しかも最後には、1回だけやらせてくれたらハニーの事を忘れるからお願いと話しているのだった。
その手の話が始まると、ハニーは本気で怒りだす。

電話を切った後に、その電話の内容に憤慨するハニー。
「酔っぱらいだからしょうがないよ」
となだめる僕。

そしてさっきも東京のおじさんからハニーにメールがきた。
ハニーはいつもそのメールを僕に転送する。
僕は人のメールなんか見たくないと言っても、「かくしごとはだめ」と言ってかならず送ってくる。

東京のおじさんのメールは
「まだ愛してる。忘れない。体はどうですか?3万円銀行に送金したから、元気になるものを食べてね!」
だった。

「ちゃんとありがとうの返事出しなさいよ。それとお金はもう送らないでって、もう一度言いなさいね」
とハニーに話した。

僕の心の中は複雑なのである。
このおじさんのことは、僕も知っている。
酔っぱらうと変なことも言うが、本来は優しくてとってもいい人なのだ。
妊娠していて結婚も決まっている子に、一回だけやらせろという神経はどうかと思うが、これほど一途にハニーを追いかけ、心から彼女のことを心配しているおじさんに、同情を隠しえない自分がいることも確かなのである。

勿論彼女を譲りますなんてことはできないのだが、どうもこのおじさんは、普通のやりたいだけのスケベおやじとは違うだけに、彼の心を救う方法はないものだろうかと胸を痛めてしまう。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 17:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:東京のおじさん
エントリー:続く電話・メールと送金
2009年04月06日

東京のおじさん その後2

いよいよ東京のおじさんが日本へ帰国となる。

最後の夕食後、結局ハニーはおじさんに、もうすぐ結婚することを伝えたらしい。
だからあなたを愛することは、絶対にない、あきらめなさいということを。
あなたは私の心を変えることは決してできないと。
そして、お金をくれたり、送ったりすることも、もうやめなさいということを。

おじさんは、怒らなかったそうだ。
ハニーは最初から、おじさんの愛を受け入れられないと、はっきりと伝えていたからだそうだ。
決して思わせぶりな態度はなかったと、十分、理解していたそうだ。
そして、ハニーを忘れるようにがんばる、でもずっと愛してると話していたそうだ。

おじさんは、その話があるまで、ハニーの心をゲットできるかもしれない、期待していたと正直に話していたそうだ。
それはやはり、お金を渡していたからだそうだ。

100万円の大金は、前回帰国直前に、空港でハニーに渡した。
それを入れた封筒を渡し、すぐに去ったのだそうだ。
おそらく100万もの大金をその場でハニーが確認したら、彼女は受け取らないと思ったのだろう。
事実その金額にはハニーも驚いたし、その場でわかっていたら受け取れる金額ではなかった、当時話していたからである。

しかし、フィリピーナの心は決してお金では買えない。
おじさんは、大きな誤解をしていたのである。
彼女たちは確かにお金に困っているから、日本で働く。
だから彼女達は、助けてくれるものは、ありがたく好意に甘える。

だからといって、いくらその好意に感謝しても、それと自分の愛とを引き換えにすることはない。
もし最初からセックスや結婚の交換条件を提示してお金を渡そうとしたら、かなりの大金を積んでも、承諾する子は少ないだろう。
プライドが高い子も多いので、そのケースではきっと激怒されるのがおちである。
勿論最初から、そのような仕事をしている子であれば、別の話であるが・・・。

彼女のママの話では、現在ハニーは少し落ち込んでいるそうだ。
これまで長い間優しくしてくれたおじさんに、ごめんなさいという気持ちでいっぱいなのだ。

確かにそのおじさんは、紳士で優しい。
お酒を飲みすぎる欠点がなければ、人間的には申し分ない人である。
だから僕も、気になっていた。
おじさんは、今は悲しい気持ちでいっぱいかもしれないが、このまま引きずるのはもっと罪つくりとなる。
早めに決定的な事実を伝えるべきだと、常々思っていた。

ハニーの済まないという強い気持ちが、せめてもの救いになってくれたらと思っている。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 12:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:東京のおじさん
エントリー:東京のおじさん その後2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。