フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2009年04月12日

セブ15 フィリピン人気質

残り少ない休暇は、特に用事を作らずに、のんびりと過ごしていた。

子どもたちも一緒にショッピングや映画に行ったり、ホテルのプールで泳いだりしていた。
水着姿の子供たちと一緒にエレベータにのっていると、アメリカ人などが乗り込んできて、必ずと言ってよいほど、彼女らは全部あなたの子供かと、尋ねてくる。
僕はそんな時、決まってYesと答えた。
すると、アメリカ人特有のおおげさなジェスチャーで、ワァーオと驚かれる。
子どもたちは、横でクスクス笑っている。

帰国前の夜を除いて、夜は7人で一つのベッドの上で寝た。
子供たちは、快適なホテルライフが大好きだった。

子どもたちは僕のことを、アンクルと呼んでいた。おじさんという意味だ。
リンは子どもたちのおばさんにあたるので、僕はその旦那でおじさんになるのだろうか?
悪い気はしなかった。
みんな人なつこく行儀もよかったので、一緒にいて疲れはしなかった。

子どもたちには、それぞれ将来の夢があった。
看護婦、ドクター、介護士、弁護士、先生・・・一通り揃っているので、僕の老後は安心だなどと冗談を言うと、アンクルがローロ(老人)になっても、私たちがみんなで面倒をみるから、安心してなどとまじめな顔で言ってくれた。
リンは、彼女たちを全員セクシーダンサーにすれば、生活は困らないなどと、不謹慎な冗談をいって笑っていた。

リンは23歳の若さで、本当によく子供たちの面倒をみていた。
子どもたちのリンに対する接し方を見ていて、それがよく伝わってきた。
リンはしつけの大切さも良く知っており、マナーが悪い時にはきちんと子どもたちに正しいことを教えていた。
だからみんな一緒にレストランで食事をしても、恥ずかしい思いをすることはなかった。

そして年長の女の子は、小さい子の面倒をよくみた。
だから大人の手があまりかからない。
きっとリンも同じように育ったのだろうと思った。
こんな風に育っていくと、若い時からしっかりとした大人になるのだろうと納得した。
フィリピーナの家族思いも、そんな環境から自然と生まれるのだろうなと思った。


僕のセブバカンスは、本当に忘れがたい思い出がたくさんできた。
この旅行で、フィリピンの生活を知ることもできた。

フィリピーナは時として我がままだったり嫉妬深かったりするが、なぜか憎めない。
それは飾らない素直さや純朴さ、温かさを持っているからではないだろうか?
そして、やはり優しいのである。
それは多くのフィリピン人に共通している特性だ。
それはきっと、南国特有の気候と、このような家族愛から生まれた、彼ら、彼女らのすぐれた民族特性なのである。

(セブ編はこれで終了です。その後のリンとの関係は国際恋愛編で・・・)

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 12:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:セブ編
エントリー:セブ15 フィリピン人気質
2009年04月11日

セブ14 援助

リンの生活状況を知った僕は、少し力になろうと思っていた。
まずは住んでいる場所。
今の場所は、治安が悪すぎる。
何があってもおかしくない場所なので、すぐにでも引っ越しさせたいと思った。

もうひとつは、必要な家電製品。
彼女の部屋には、冷蔵庫、洗濯機、TVがなかった。
子供たちが大勢いるのに、洗濯物はすべて木の板の上で、手洗いだった。
そして暑いフィリピンで冷蔵庫がないため、食べ物の取り置きはできなかった。
彼女や子供たちは、TVを楽しむこともできないのである。
僕には、このようなフィリピンの生活が、驚きの連続であった。

僕がセブにいる間にいろいろ済ませてしまおうと思い、すぐにそれらを買いに行った。
モールで家電製品を選んでいる時のリンは、飛び跳ねるくらいにはしゃいでいた。
そしてお金を払う度に、「ほんとにいいの?あなた大丈夫?」と念を押してきた。

その他にも、カーテンやサンダル、食器類、クッション、彼女の下着、子供たちの服や靴と、お気に入りのものや必要なものを、手当たり次第に買っていった。
リンはショッピングに大興奮だったが、そんなリンを見ている自分も幸せを感じていた。

引っ越す先のアパートも見つけた。
ビルディングの入口に24時間セキュリティーが立っている、5階建ての鉄筋アパートだった。
部屋は2部屋あり、広さも前よりは格段に広かった。
家賃は日本円で4万/月ほどだったが、建っている場所や安全性・快適性・衛生面を考えると安いものだと思った。

それ以外に生活費を6万を足して、月に10万を送ることを約束した。
それで何とかやりくりをして欲しいとお願いした。
月に6万(30000ペソ)であれば、1日1000ペソである。
セブの工場で働く若い女性のサラリーは、1日12時間近い労働でも月に10000ペソ程度かそれ以下である。
それを考えても、なんとは生活できる金額ではないかと考えていた。

この話に、彼女は目を丸くして驚いていた。
感謝もされた。
そして、このような場面で決して遠慮をしないのが、フィリピーナなのである。
そんなところが、逆に彼女らのかわいいところなのかもしれない。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 17:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:セブ編
エントリー:セブ14 援助

セブ13 フィリピンの生活

リンは僕がバーで接してきた女性とは、少し違っていた。
妙にシャイなところがあり、感情もあまり表に出さない。
他のフィリピーナのように、底抜けに陽気なわけでもない。
日本語は全くわからないが、少し日本人的な雰囲気を感じさせるところがあった。

ゴーゴーバーで出会ったリンであったが、彼女はその仕事を最初から嫌っていた。
生活の為に働いてはいたが、サラリーが安くてもビキニ姿でステージに上がることだけは決してしなかった。
ゴーゴーバーで働いていたにも関わらず、時には巧みな会話で、そして時には強硬な態度で、連れ出しを断ってきた。
だからこそ、彼女をくどく男が多かったのかもしれない。
そして結局は、数週間で店を辞めた。

セブでは、バーで働き体を売ってお金を稼ぐ女性のほとんどが、生活のために仕方ないと言う。
好きでそんなことをしているわけではないと、口をそろえて言う。
大体が、食べることができない家族や幼い子供を抱えている。
そんな話に同情し、お金だけを渡す会社の同僚も少なくなかった。
だからリンだけが特別なわけではなかった。

しかしすべて真実とは限らない。
お金だけが目当ての、心無い女性もいることはいる。
だから彼女たちの話を、全てを手放しで信じるわけにはいかなかった。

リンに、彼女の生活の事を尋ねてみた。
その時に初めて、彼女が7人の子供の面倒をみていること、そして現在は収入が無いことをはっきりと知った。
無収入であることは察しをつけていたが、なんとか食べていく見込みはあるかもしれないと思っていた。
しかし彼女に、この先の確たる見通しはなかった。

7人の子供は、リンの兄の子供だった。
義理の姉、つまり子供たちの母親は、その兄が働かず毎日遊んでいることに嫌気がさし、家を出て行ってしまった。
そしてリンが子供たちを面倒をみていたのだった。
嫁が家を出ても、リンの兄は相変わらず遊び呆けているとのことだった。
そしてリンは、子どもたちに罪はないからと、面倒をみていたのだった。

彼女の住んでいるアパートに連れて行ってもらった。
治安が悪いため、夜の日本人の一人歩きは危ない場所だと言われた。
隣には小さな飲み屋があり、夜はうるさくて眠れないとリンが話していた。
実際、昼だというのに、既に酔っ払っているみすぼらしい男たちが、数人たむろしていた。

飲み屋といっても、掘っ立て小屋のような個人の家の軒下に、テーブルを1つ2つ置いて営業しているようなところである。
彼女のアパートも、表には鉄格子の扉が付いているが、似たりよったりの古くて狭い、薄暗い部屋であった。

部屋の中には、5人の女の子がいた。
一番小さな子は5歳、大きな子は12歳だった。
僕が部屋の中に入ると、少しとまどいながらも、きちんと挨拶のできる子どもたちだった。
その下に、3歳の女の子と1歳の男の子がいるそうだが、その子たちは、リンの母親が田舎に連れかえっているとのことだった。

5人の女の子達は、それぞれ役割分担があり、夕食の支度をてきぱきとこなした。
まだ小さな子でも、しっかりとお手伝いをしている。
リンが台所に立って、子供たちが用意する食材を調理していく。
買い物に行く係、部屋の片づけ係、テーブルを整える係、食器を並べる係、ごはんをよそう係と、何も指示しなくても細かく動き回る子供たちの様子をみて、普段の生活をうかがうことができた。
古くてきたない家でも、部屋の中はきちんと整理整頓され、居心地は悪くなかった。
子どもたちの教育が、行きとどいていることがわかった。

7人で食卓を囲んだ。
子どもたちとの会話は、全く弾まなかった。
リンに言わせると、僕の英語がわからないということで、築きあげつつあった自信をいっぺんに失ってしまった。
夕食はリーチョンバブイという豚肉の料理にライスだった。
質素な夕食ではあったが、ご飯を食べられるだけありがたいという話だった。
ご馳走様というと、いやいやそれは、あなたがくれたお金で買った米とおかずだから、礼はいらないと、リンは冗談ぽく言って笑った。

ほんの少しであったが、フィリピンの生の生活を直に見せてもらい、その貧しさに正直驚いた。
しかし、彼女や子供たちを見ていると、彼女たちは、日本が無くしてしまった大切なものを、いまだにたくさん持っていると感じた。
生活が豊かになるにつれ、人は、他人や家族を思いやる気持ちや自分の心を見失う傾向にある。
それは日本だけではなく、どの先進国も同様であるようだ。

フィリピン人は、人によって様々ではあるが、全体的に人間的な温かみを感じさせてくれる。
その後僕は、様々なところで、それをますます実感していく出来事に出会うのである。

宜しけばポチっと↓
人気ブログランキングへ


posted at 12:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:セブ編
エントリー:セブ13 フィリピンの生活

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。