フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます

フィリピン生活:カテゴリの記事一覧です。

2019年05月24日

南国気質は手強い

 マレーシアのあるセミナーで教えられた。
「緑は進め、赤は止まれ、で、黄色は急げだ」
 黄色は急げ、でみんなの笑いが起こったから、それは冗談である。
 しかし、子供の頃から青信号とすり込まれた自分にとって、交通信号の一つを緑と呼ぶのは未だ慣れない。
 例えば「信号が青だよ」とボケっとしているドライバーに言うものなら、たちどころに指摘される。
「青って何? え? 信号? 緑でしょ?」 
 そこでじっと信号機を見つめてみると、確かに色は緑色だ。しかしすり込まれた習慣は抜けず、緑色が青に思えてきて、青色ってどんな色だっけ? となる。
 どうして日本は、信号色の一つを青と教えるのだろうか? 実際に日本の信号機の色は、青だったのだろうか?
 これまでの長い人生でさんざん見てきたはずの物なのに、こうして振り返ってみると記憶は曖昧だ。
 四国のある企業が青色ダイオードをこの世に送り出し、信号機のダイオード化が進んでいる。ダイオードの青は、紛れもない青だ。すると、これまで青と教えてきた信号が緑ではまずいから、国は教えてきたことに実態を合わせようと懸命になっているだろうか。それともやっぱり、日本の信号機の色は元々青だったのか。長く日本を離れているせいで、どうにもはっきり思い出せない。
 もしそれが元々青ならば、どうして海外の信号機の青は緑色なのだろう。ちなみにこちらでは、日本で言う青を緑と教える。まあ青でも緑でも、実際の信号機に直面すればすぐに意味が分かるから実害はないけれど。
 海外の交通事情は日本と随分異なる。マレーシアで交差点の信号は、四方向の一つ一つが青に切り替わっていく。つまり、向かい側が青になり、次に右側が青になり、その次に左側が青になり、ようやく自分の側が青になる。交差点で青は一方向しかないから、右折でも自分の行く手を妨害する直進車両はない。そこは便利でも、順次切り替わる方式のため、赤信号の時間がじれったいほど長い。そのために、信号渋滞が出来やすくなる。
 ここでキングオブザロードのバイクは、信号の色を気にしない。突然色弱を装う。それでも死にたくはないようで、赤信号に当たれば周囲を見回しているが、どこにも車がいなければ無視して突き進む。周囲の確認行為に見落としがあれば、あるいは進行してくる車の速度目測を誤れば、当然接触事故となり痛い目に遭う。
 そんなことが目の前で起こっても、キングオブザロードであるバイクドライバーは学習しない。学習する気もない。赤も黄色と同様、その意味は“急げ”である。
 他人が事故るのはそのドライバーが間抜けなせいで、自分に限っては問題ないと信じ切っている。おそらく死ぬまで、それを信じて疑わない。
 せっかくだから、ここで周囲の人がどんな運転をするかを披露すると、こんな感じだ。
 左折したいときには、自分が三車線や四車線道路で一番右を走っていようとも左折する。
 理由は単純で、左折したいから。
 これは車もバイクも同じだ。交差点手前で突然自分の目の前に車が右斜め後ろから割り込み、こちらが驚いてブレーキを踏んでいる間に、割り込み車両は悠々と左折していく。最初は酷いやつがいるものだと思ったけれど、結構みんなが酷いやつだった。
 渋滞になるとこちらの人は、一台でも多くの車を抜いて前に進もうとする。自然と渋滞の中で、車の車線変更が多くなる。しかしここでは、渋滞で詰まる車の間を時速八十キロくらいの速度でバイクがすり抜けていくのだ。それも予測不能なくらい頻繁に、車の前後左右を。前後というのは、バイクも車線を変えようとするのだ。
 そんな状況下で車が頻繁に車線変更を繰り返すと、もちろんときどきバイクと車が接触し、いくらキングと呼ばれる存在であっても軽量級のバイクが負ける。車線変更で斜めになった車の側面に人間魚雷のように突っ込むのもあれば、速度のついたバイクの側面を車に当てられ、コントロールを失ったそれは左右に大きく揺さぶられて違う車に突っ込むということもある。
 バイクドライバーは次の瞬間、予期せぬ空中散歩を強いられる。その後地面に叩きつけられて、すぐに起き上がる人もいれば、アスファルト上で大の字になり、瞬きをしない目で虚ろに空を見る人も出てくる。人の命のあっけなさを不思議に思う一瞬だ。今までロードレーサーさながらの豪快な運転をしていたのに、次の瞬間にはあの世に召されている。誰にも想像できないほど簡単に。もちろん本人は、想像どころか後悔さえできない。
 おばさんライダーは、路上で痛いところを押さえ、ひと目をはばからず大泣きしたりする。道路の真ん中に座り込むのは危ないから、とにかくどいてくれと言いたくなるのもしばしばだ。
 そんなに泣くなら、最初から無謀な運転をしなけりゃいいのに。そう思うけれど、南国の人はシリアスな予測も想像も苦手なようだ。楽観的思考、希望的観測は大得意なのに。
 渋滞中、ちょっと携帯をながめて前の車が進んだのに気付かないでいると、たちどころにクラクションを鳴らされる。それだけならよいが、渋滞にも関わらず前の車両との間に車一台分にも満たない車間距離を開けるだけで、ヘッドライトのパッシングを浴びせられる。それを無視すると、後続車は狭い路肩で追い越し、強引にこちらの前に割り込んでくる。そうなると、どうせ渋滞で進まないのになぜ待てないのだろうと、腹が立つ前に不思議が先行する。
 南国の人は時間にルーズな割にせっかちなところがあり、特に何か買いたいものや行きたいところについて考え出すと、悠長な性格が反転して全く待てなくなったりする。そんな特性とこの運転は、どこかで関連しているのかもしれない。
 とにかくここの運転でびびるのは、朝夕のバイクの多さだ。それのほとんどが、無法者のキングオブザロード。最初はそれらに囲まれて車を運転するのが苦痛だったけれど、今は随分慣れてしまった。バイクも車に当たるのは嫌だから、こちらから相手に分かるように迫っていくと、向こうが逃げてくれるのが分かったからだ。
 ただしたまに、バックミラーに激しく当たり、それも気にせず逃げていくバイクが多いのは少し問題だ。ここでは車を買えない人がバイクに乗るという傾向があり、そんな人たちは自分たちと考え方が少し違うようだ。
 とにかく他人に当たりたくない相手が逃げるのは分かったけれど、自分のマレーシアでの運転ポリシーは、できるだけ車線変更をしない、である。支障がない限り、ひたすら真っ直ぐ進む。真っ直ぐ進む運転で、ボーッとしていると曲がらなければならない場所で曲がり損ねる失敗もたまにあるが、ここで運転して数年、おかげで未だに無事故となっている。(追突されたのは二度)
 できるだけ進路変更しない運転は、今のところ功を奏しているが、ふと、自分の人生ではどうだったかを考えてみると、実はまるで真っ直ぐ進んでいないではないか、ということに気付く。
 天の邪鬼的気質に気分屋で、そんな性質が関係するかどうかは知らないけれど、現状に飽きると、つい変化を求めてしまう。
 おかげで事故多発。周囲の人にも迷惑をかけながら、自らも多くの苦難に見舞われた。
 もっとも、自分の苦難は自業自得である。それに過去、キングオブザロードにように自分だけは大丈夫、などと考えていたわけではないし、この先だってどうなるかはさっぱり分かっていない。希望的観測は、一切持っていないのだ。どちらかというと最近は、気付けばいつでもリスクマネージメントに傾いている。
 人生も車線変更はそろそろ控えたいと思っているし、紆余曲折な事態に突入する気力も失われつつある。できれば穏やかな心境で、残りの人生を過ごしたいというのが本音だ。おかげで自分は、さっぱり冒険できない体質に変わりつつある。
 現在の生活は、その意味で落ち着いているのかもしれない。しかしいかんせん、先が長過ぎる。一番下の子を考えると、あと十五年は頑張らなければならないのだ。生きているかどうかも分からない年月、今のように、いや、様々なことが衰えることを考えれば、今以上に歯を食いしばって頑張る必要がある。果たして自分はそんな過酷な余生に耐えられるだろうかと心配になるくらい、先を悲観している。
 もし子供がいなければ、もっと気楽に物事を決められるかもしれないし、まだ車線変更を繰り返しているのかもしれない。
 しかし、フィリピーナ妻と三人の子供たちがふれあう様子を見ていると、子供たちがいることに心から感謝したい気持ちになる。
 食べさせなければならないし、我儘もきいてあげなければならない。携帯やパソコンを買ってやらねばならず、旅行は飛行機代が五人分かかる。それでも子どもたちの存在に感謝の念を抱くのが不思議になるけれど、自分も妻も子供に囲まれ癒やされているのだ。もし自分がポックリいっても、妻に心の支えがあることは安心材料の一つでもある。
 どこかのカードコマーシャルが言ったように、世の中お金で買えない価値がある、ということなのかもしれない。
 日本の信号の色は思い出せないが、昔のコマーシャルが言った 、カード会社のキャッチコピーがやけに身にしみる、昨今のマレーシアライフである。
 そのマレーシアライフでストレスといえば、日々繰り広げられる、仕事上の南国気質との闘いだ。地元エンジニアにレポートを要求しそれが届くと、顎のちょうつがいが外れるのではと思うくらい、開いた口がふさがらない。
 技術レポートなのに、報告はメール文章のみ。内容は、こんなことをやって、結果問題なし、というもの。
「うん、めでたしめでたしだね……、なんて言うと思う?」
 相手のエンジニアが、キョトンとする。問題なしなのに、何が悪いの? という顔だ。
 彼らは元々、レポートを残すという習慣がない。
 会社は給料を払っているのに、これでは技術の蓄積などまるでできないではないか、などと偉そうなことを考えているのではない。自分が日本のお客さんへ報告できないのだ。そんな報告を右から左へ通過させてしまうものなら、自分も南国気質化してしまった日本人と、途端に白い目を向けられる。
「技術レポートに説明は要らない。見れば全てが分かるデータが付いていれば、それで十分」
 これまで何度も言ってきたことだ。しかし、三歩歩けば全てを忘れる南国気質。毎回同じことでバトルが繰り広げられる。
「データは記録してません」
「メモも取ってない?」
「はい。全てはここです」
 人差し指を頭につけて、憎めない笑顔を振りまくエンジニア。
(やはり……)
「結果に自信があるなら、データを作れ。覚えてるんだろう?」
 普通なら、え? という反応となるはずが、ラッキーと言いたげな顔で、すぐにやるという返事が返ってくる。
 これで自分も立派な共犯者。そして自己嫌悪のため息。
 もちろん怪しげで危ない内容であれば、自分が実験室に行ってエンジニアと一緒にデータを取るか、エンジニアが忙しければ自分一人でそれをやる。終って机に戻ると、忙しいと言ったエンジニアはとっくに帰宅済みということは普通中の普通で、そうなると、別の意味でのため息をつくことになる。
 エンジニアの仕事は、とにかく精度が悪い。直感で仕事をするのが得意で、いつでも楽観的思考、希望的観測に基づく直感は、常に自らを楽な方へと導く。必要なデータ取りや確認を省き、「その可能性はないので確認の必要はありません」みたいなことを断言する。
 お前は預言者かと、喉まで出かかった言葉を飲み込み、「見ていないのに、どうして分かるのか?」と尋ねる。
 そこで顎を引いて、うっと言葉を詰まらせてくれたら可愛気もあるが、「分かりきっているのに時間をかけて調べるのは時間の無駄です」などと言われる。
 今度こそ本当に、お前は預言者かと言いたくなる。
 時間を無駄に使うのが、こちらの人は本当に嫌いなのだ。それが本当に無駄ならば、それは良いことだと思う。
 この押し問答こそが、自分にとっては時間の無駄なんだよ、という言葉を飲み込み、一から説明するか、それが面倒になれば、とにかくやってみてくれとお願い口調で伝える。決して命令口調で言ってはならない。
 時間を無駄に使うことを極端に嫌う彼らは、いつでも仲間同士でおしゃべりしながらのティータイムを、長時間楽しむ。自分たちの有意義な時間が会社にとって大きな無駄であることに、彼らの考えは決して及ばない。
 仕事の精度は悪いが、スピード感はある。これだ! と一旦決めると、あっという間に物事が進む。ただし、検討や確認すべき内容は大幅に省略されているが。それでも経験則が通用する場合、幸運にも問題がないこともある。成功率は、大体半分くらいである。
 この半分くらいの成功体験が、時間が経てば成功率百パーセントの体験になるのが南国気質の特徴だ。
 先日アストロという、多チャンネル番組配信会社に一言言ってやろうと、鼻の穴を広げて事務所に殴り込みに行った。
「インターネットが遅すぎる。しかもぶつぶつ切れる。金を返してもらいたいくらいだ」
「インターネットは別会社ですよ」
 不細工な受け付け嬢が、しらっと答える。それが五年間もせっせと視聴料を支払い、会社の礎(いしずえ)となっている客への口のきき方か。その口は一体、どこについてるんだ。
 僕のこめかみを、一瞬電流が走る。
 内心は、『われぇー、なめとんのか、てめえの会社の営業がインターネットのセットプランが得だとほざいて契約したんじゃろうが』ってな具合であるが、根が紳士である自分は穏やかに言ってしまう。
「それは分かる。だけど僕のインターネットはおたくの会社を通して契約しているんだよ。どう考えても苦情の窓口はあなたたちでしょ?」
 結局こちらの契約ナンバーを伝え、その嬢がタブレットで僕の契約内容を確認し、何やらうんうんと頷いた。
「分かりました。あなたが契約した頃はまだ十メガスピードだったのですが、今は標準で百メガスピードをサポートしています。ただしあなたの使用しているルーターが古いので、それを交換しないと百メガスピードが出ません。ルーターを交換しますか?」
 おお、その気になれば話が分かるじゃない。
 もちろん、十メガより百メガがいいに決まっている。
「そりゃあ交換したいけど、どうすればいいの?」
 彼女は待ってましたとばかり、説明を始める。
「ルーターの交換は、二つの方法を選べます。一つはご自分で購入し、設置してから私共に申告して頂く方法。もう一つは私共から無料ルーターを提供し、設置から全てのサービスを提供させて頂く方法。これであればあなたの負担はありませんが、契約更新という扱いで、二年間契約継続義務が発生致します」
「つまり無料を選択したら、一年で契約を打ち切りたい場合、ペナルティを払わなければならないということ?」
 あなたは察しがいい、と言いたげな不細工な笑顔が僕に向けられた。
「はい、全くその通りでございます」
「で? もし一年で止めたら、そのペナルティはいくらになるの?」
 彼女は電卓を叩いて言った。
「千二百でございます」
 一応僕は確認する。
「米ドルじゃないよね?」
「もちろんリンギットでございます」
 なんか急に態度が丁寧になっているのを妙に感じながら、さっき一瞬だけ切れそうになって、自分の目が座ったのが効いたのだろうと思うことにした。
「そう……」
 頭の中で、会社と一年契約を更新したばかりであることが頭をよぎる。ペナルティは最悪ケースで千二百リンギット。(大体三万円二千円)
「僕の一存では決められないから、嫁さんに相談させて。また後で来る」
「どうぞどうぞ。しっかり相談して下さい」
 こんな成り行きで奥さんに相談すると、やはり南国気質の彼女の回答は予想通り。
「ただになるならお願いしようよ」
「でも、ギャンブルだよ」
「それはその時よ」
「うん、そうだね」
 脳が既に軟質化している自分は、簡単に同意した。将来の布石より、明日の食い物が大事である。僕はすぐにアストロへ戻り、新しいルーターの設置をお願いした。
 翌日、最近インターネットが遅いよねと普段からぼやく日本人に、少し胸を張り気味に、自分が百メガにアップデートしたことを報告した。
「月々の料金は据え置きらしいよ。契約縛りが二年ついちゃうけど、ルーターも無料だって」
「え? 今の最低速度は、元々百メガじゃなかったっけ?」
「そうなの? けれどルーターが古いと、百メガが出ないらしい」
 僕はパソコンのキーを叩いて、アストロのインターネットパックを調べてみる。
「僕はとっくにルーターを交換したけど、まだ遅いんだよねえ」
 そら耳だろうか、何か不穏なことを聞いた気がした。
 パソコン画面を見ると、確かに百メガプランが最低になっている。
「契約縛りが付くなら、新規契約と同じじゃないの? だったら新しく入り直した方が安いかもよ。なんか騙されてない?」
 確かにその通りである。百メガスピードという言葉に浮かれて、さっぱり気付かなかった。
 そういえば、彼女がカウンター奥にいる男性職員に僕の依頼内容を伝えるとき、彼女は指でピースを作って、これはオーケーと言ったのを思い出す。あれは、二年間縛りゲット! の意味ではないだろうか。
 少し腹が立ってくる。
 彼女は二十四時間以内に電話がいくから、そのときにルーター設置の日時を係と相談してくれと言った。しかし現在、四十八時間以上経過したのに、僕の電話は一向に鳴らない。おそらく九十六時間経っても電話はこないだろう。
 そんなことを考え出すと、虫の居所は益々悪くなってくる。
 もし次の休日まで何も音沙汰がなかったら、今度こそ殴り込みだ。
 日本人気質を思い切り前面に出し、百七十三時間と三十八分待っても電話がこないんだけど、一体どうなってるの? という具合に。
 僕の鼻息が、勝手に荒くなる。
 そこまでして手に入れた百メガスピードのインターネットが、実効で一メガ程度のパッチもんだったら、金属バットも持参しなければならない。
『なめとんのかぁ、おんどりゃあ』というセリフを吐いて、金属バットを振り回す。頭の中で、僕は髪を振り乱して暴れていた。
 そして翌日、僕は日本とマレーシアでとても有名な人になるのだ。
『マレーシアで日本人逮捕。動画配信会社のアストロ事務所で、金属バットを振り回す』
 僕の憤慨は想像の中で膨らみ、興奮がピークを迎える。
posted at 00:06
Comment(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:南国気質は手強い
2019年05月19日

日本はどこへ2

 今朝たまたまある方のブログを見たら、最新記事ではなかったが、労働法改正の件を記事にしていた。
 三六協定事項が法制化されるのを見逃していたという内容だ。
 実は日本の大企業では、企業コンプライアンスの名のもと、残業については既に管理が厳しくなっている。先日も日本へ帰任したある大手総合メーカーの方が自分のところへミーティングで来てくれたので、少し日本の様子を伺った。
 すると、やはり残業はし難い環境になっているそうで、水曜は定時退社日となり五時十五分、それ以外は遅くとも八時までには毎日帰宅するそうだ。
 かつては忙しければ十時や十二時の帰宅は当たり前であったが、随分職場の雰囲気が変わり始めている。これはその方一人の限定的な話ではなく、他の大会社でも概ね同じことが起きている。
 今朝見たブログでは、なぜか焦点を、残業が減れば手取りが減り生活が苦しくなるというところへ当てているように見受けられた。
 しかし、そもそも残業代を見込んだ生活自体が間違いであって、それは自分が働き出した二十年以上前から言われていたことである。特に残業代などと保証のない賃金を見込んで住宅ローンなどを組んでしまうのは自殺行為と言える。
 だから、残業の規制が法律により厳しくなる、よって生活がますます苦しくなる、政治は酷いという論法は間違いだろう。
 大企業の例を示せば、中小企業は現実的問題があり過ぎる、大企業と同じにはできないと反論されるかもしれないが、日本全体の労働環境を牽引しているのは間違いなく大企業である。大企業がやらないことを、中小企業は決して自ら改善しない。中小企業の賃金水準はまだまだ足りないかもしれないが、大企業が賃金を上げ、世間的な空気を作るから中小は上げたくない賃金を上げなければならなくなる。労働条件をできるだけ大企業に追従させなければ、人が集まらないからだ。企業が賃金を上げれば収益を圧迫し、それをどう補填するかの工夫が必要になる。それで企業体質が強化される。
 そのブログでは、基本給が安すぎるという点にも触れていた。
 確かに日本の賃金は、世界の中で見渡して、決して高いとは言えないような気もするが、それでは安いかと言えばそうでもない。それは、元々日本人の多くが夢を見過ぎ、自分たちの感覚的基準を押し上げてしまったせいであり、もし日本人がフィリピンに行けば赴任手当、出張手当、運転手付き車支給などを合わせ、まだまだ贅沢をできるのである。
 海外生活だって随分苦しくなっている、という意見は承知している。しかし、基準が元々高いのだから、そこと比較すればそう感じるのは当たり前だ。現実的に自分の現地給与は、自分が日本人というだけで、ローカルの何倍にもなっている。
 賃金の話をもう少し掘り下げてみると、マクロ的に見れば、日本の賃金水準は色々な意味で世界水準に近づいているのかもしれない。
 それでいて、日本の富裕者占有率は、アメリカ、中国に次いで世界三位であり、都市別で見ても東京や大阪、名古屋は名だたる有名都市と肩を並べている。
 つまりこれは、日本が今の世界の在り方に近づいているという見方ができる。格差社会になっているということだ。
 自分は極端な格差社会は嫌いだが、自由競争があり競争に勝てばそれに見合うインセンティブを得ることができる仕組みは基本的に賛成という立場だ。ただし限定的に、医療等の人の生命に関わることには、お金がない人もできるだけ平等に扱われるよう留意すべきという条件はあるが。
 その辺は、日本は世界の中で見れば随分手厚いのではないだろうか。
 生活保護はあるし、医療保険制度もある。お金がなくても何かあれば救急車に乗れるし、病院も担ぎ込まれた人の治療をすぐに始めてくれる。
 フィリピンやマレーシアでは、救急車は有料、病院の治療は支払いを確約する紙にサインをしなければ、きちんとした治療をしてくれない。いくら本人が死にそうでもだ。
 そういった世界の情勢と比べれば、日本はまだ恵まれていることが多い。それを悪用する人が多く出現するくらい、美味しい制度が多くある。
 そもそも議論は、残業が減ったら賃金が減り、生活がますます苦しくなるという点で行うべきではなく、かつて世界の中で高水準をキープしていた日本の賃金が、なぜこれほど堕落してしまったのか、そしてかつてのように夢を見ることのできる社会に戻すには、どうすればよいかという点で行うべきである。
 かつて小泉首相時代、改革の名のもと、流血も覚悟で随分不良債権を処理した。そのときに、不良債権処理の枠組みの中で、十分価値を生む物件が海外の出資者へ二束三文で流れてしまった経緯がある。それがなければ日本人の賃金は、今の三倍になっていたのではないかという興味深い試算があるのだ。おそらく、小泉さんの改革には利益を生んだものもあるのだろうが、そういった負の側面もある。
 そしてよく考えなければならないのは、企業が元気になれば日本は元気になるということで、政治の果たす役割部分がそこでどれほどのウエイトを占めるのか、よく考えなければならないことだ。
 政治が悪い、政治家が悪いと言いながら現状に甘えていれば、日本は決してよくなることはないと思われる。陽はまた昇ると楽観しそのときが来るのを待っていたら、陽は沈みっぱなしではないだろうか。
 日本の賃金が低くなったのは事実だけれど、生産性が上がらなければ当然の帰結と考えるべきだ。
 2017年の日本の労働生産性は、主要先進7カ国(G7) 中で最下位である。2017年だけではない。万年最下位なのだ。インターネットで調べれば、関連記事がたくさん出てくる。
 生産性は賃金の低さとも関係するが(鶏と卵の関係)、高品質の安売りが一つの大きな原因となっている。決して日本人の労働効率が低い、能力が低いという話と直結するものではない。しかしだからと言って、そんな指標の悪さを気にする必要はない、というのは大きな間違いだ。
 この指標の悪さは日本人の気質や企業のシステムと関連するが、世界で見ればITで成功を収めた会社が多く存在する地域の生産性が上がっている、というのが現実となっている。ITで効率的にお金を稼ぎ、社員に十分配分できているということだ。
 経団連のような組織は、この指標が今一つである原因がどこからやってくるのかをよく考え、大きな枠組みで上手に舵取りを行わなければならず、そうでなければ日本人の賃金は上がらない。
 残業という点に着目すれば、この生産性という数値は残業を減らすと上がっていく。つまり、残業を厳しく管理すると庶民の生活は苦しくなるのは感覚的に理解できるが、そこにメスを入れなければ生産性は上がらず賃金も上がらないというジレンマに陥る。実際日本は、数十年も残業や休日出勤を野放しにし、結果的に賃金が下がった。
 残業しない人はやる気がないと見られる風潮も問題で、要は残業の有り無しではなく、仕事のアウトプット評価が重要となる。
 休日出勤や残業を減らし、長期休暇を取りやすくする。そういった時間を、人生の楽しみや自分の能力向上、趣味などに当てる。できるだけ有意義な時間を増やし、働く意味や生きる意味の分かる社会にする。
 色々なもの、例えばパソコン使用や管理ツールが向上し生産性が上がるのであれば、日本も生産性を上げ賃金を上げることができるはずだ。それがなぜできないのか、よく考えるべきではないだろうか。
 例えば、最近とても強く感じることは、日本企業に会議が多いことだ。基本的に会議は付加価値を産まない。にも関わらず、会議が仕事になっている。会議には資料が必要で、それに費やす時間が多くなる。そこで時間的に圧迫されると、残業で実務をこなすことになる。付加価値を産まない時間は極力排除すべきだと思われるが、そうした環境に慣れた日本人は、会議が無くなれば何をしていいのか分からなくなる人も多いのではないだろうか。その時点で既に、日本企業(日本人)は病んでいると言える。
 さて、長い目で見れば、残業や休日出勤を無くし余暇を増やすことは、日本の生産性を阻害する根本的問題へメスを入れることに繋がるはずだ。
 仕事の意味を考え、人事評価方法を改善し、それらを意味のあるものする。経営者は、できるだけ社員に対する配分を増やす方法や道筋を考える。そして社員の収入が増えれば何が起こるのかを考える。目の前のことを考えるのではなく、もっと大局的に思考を巡らす必要がある。
 つまり社員に金銭的ゆとりが生まれたら、日本に何が起こるかだ。
 おそらく日本の中で金の巡りがよくなる。もしその金が海外ばかりに逃げるようであれば、これは日本の企業の責任であり、国内のサービスや商品を見直さなければならない。
 こんな風に内需を刺激しなければ、日本は全体的にまだまだ停滞するだろう。
 要はお金をできるだけ国内で回すことを考えるのだ。国内で好評なものは、海外でも売れる。だまっていても、海外の人が飛び付く。(ガラパゴス携帯のような、痛い例もあるけれど)お金を回すことで、各自の生んだ付加価値を効率的に共有できる。埋もれる付加価値が多いほど、全体の経済効率は落ちるからだ。
 その意味で、日本人の働き方への意識が変わりつつあるのは、意外に重要なことかもしれない。
 つまり、残業代が減ったら手取り収入が減る、それは酷い、という議論は筋違いでありナンセンスであると僕はここで言いたい。
posted at 15:01
Comment(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:日本はどこへ2
2019年05月04日

相対性理論

 先日、実にセンセーショナルな雰囲気をかもし出しながら、ブラックホールの写真が公開された。
 M87銀河? (間違っていたらすみません。ウルトラマンのふるさとと混同し、いつも分からなくなる)ブラックホールはその辺りにある? 
 そもそもその銀河が何処にあるか、僕にはさっぱり分からないのだけれど。
 それが太陽系から五千五百万光年くらい離れている、つまりものすごく遠いということ、そしてあの写真の光の輪が、太陽系をすっぽり包み込むほど巨大だということだけはよく覚えている。
 快挙とか、躍進とか、今後の物理学の進展に期待とか、様々な賞賛と共に世界中が沸いたということだから、なるほど、何かすごそうなことが達成できたんだろうことは分かった。
 そこに我がフィリピーナ妻より、これの何が凄いの? と素朴な質問が飛んできた。素朴な質問ほど厄介なものはない。どうして地球には空気があるの? みたいな質問に答えるのは苦労する。夫の威厳を保たなければならない僕は、慌てて理屈を整理した。
 ブラックホールの存在は、元々アインシュタインが特殊、一般相対性理論を発表し、もしそれが正しければブラックホールなるものが存在するはずだというところから始まった論議だと認識している。
 ブラックホールに関する調査は物理学が理屈を主導し、その正しさを証明するために天文学者が奔走する構図となった。
 様々な観測結果により、アインシュタインの理論の正しさが実証され、戯けた理屈と言われた相対性理論を信じる人が増えていった。
 やはりアインシュタインの理屈を決定的にした一つの観測は、皆既日食(月と太陽が重なり、太陽が月に隠れる現象)を待ち、本来太陽の向こう側にいて見えないはずの星が見えることを確認したことである。なぜ皆既日食を待つ必要があったかといえば、普段は太陽が明るすぎて星など見えないためだ。ならば夜に確認すればいいじゃないかと言いたい人のために言っておくと、太陽が近くに無ければ太陽の重力の影響を確認できないから、夜の観測には意味がない。
 結果、太陽の横に、見えないはずの星が見えた。本来あるはずの場所と違う位置に。
 重力は時空を歪ませる、というアインシュタインの主張に基づいて、太陽の裏側に位置する星の光の通路(空間)が太陽の重力によって歪み、その結果光の進行方向が変わり、太陽の脇にその星の虚像が見えるはずだと計算されていたのだ。光は空間に沿って直進する性質を持つ。その空間が歪んでしまえば通過する光も曲がるはずだという理屈だ。そして見えないはずの星が、予想通り、実際と違う場所に見えてしまった。
 今回のブラックホールも、予め仮説があり計算もされていた。ブラックホールには核となる何も見えない黒の部分があり、その周辺に影があり、更にその外周に光が見えるはずだと。
 ブラックホールとはそもそも、膨大な質量の点が大きな重力を持ち、その核から半径xxkm内に入った物体を全て吸い込んでしまう事象を生み出す天体だ。それは光でさえ例外なく吸い込むという、恐ろしい魔物のようなものだ。そんな恐ろしいものが、光の速度でさえ五千五百万年もかかるほど遠くにあるのは幸いだった。
 ブラックホールに吸い込まれた光は波長が変わり可視光ではなくなるため、そのものを直接捉えることはできない。つまり真っ黒な部分が見えるだけとなる。
 しかし重力によって空間が歪むとなれば、先程のxx km範囲外の光は辛うじてブラックホールに吸い込まれることを免れ、ブラックホール周辺の歪んだ空間を通過し進路を曲げられる。計算に寄れば、それらの光はブラックホールの周りをぐるぐる回り、何度も回るうちにこちらから見える光の強度が上がり、ブラックホールを取り囲む光の輪として見えるはずと予想されていた。それがその通りに見えたものだから、科学者たちが一斉に色めきたったということだ。
 アインシュタインの提唱した相対性理論は、まさしく画期的であった。画期的過ぎて、疑いを持つ人も多かった。
 時空は相対的に変化する。
 なるほど、そうですか……。で? それは一体何ですか? と言いたくなるような、そんな格言じみた法則だった。
 時間も空間も絶対的なものではないと言っているのは分かる。しかし実際、時間や空間が相対的であるとはどんな事象を指すのか、これを感覚的に理解するのが難しい。
 先ず、それを理解するためには、光の速度が(慣性系で)絶対的なものであることを知らなければならない。
 なぜ光の速度が絶対的なものなのか、実は自分にはよく分かっていないのだけれど、そう決めないと話が進まないから僕は仕方なく納得するようにしている。(このことは実験で確認済みらしい。どうやって実験したのかは分からないけれど、光を発してそれがどこかに反射し戻ってくる時間を計測する箱でも用意すれば、その箱を色々な速度で移動させても光の速度が変わらないことは確認できそうな気がする)
 とにかくその前提で話を進める。
 宇宙を飛ぶ巨大なロケットがあったとする。その中に、三十万キロの長さを持つ筒が、ロケットの進む方向に対して垂直に立っている。(光の速度が秒速三十万キロだから、筒の長さも三十万キロにしている)
 ロケットの中に、Aさんが乗っていた。
 ロケットが進んでいる中、筒の底でストロボの光が発射される。すると光の速度は秒速三十万キロだから、その一秒後に、Aさんは筒の上から光が出るのを見ることになる。
 その様子をBさんが地球から観測していた。
 Bさんから見てロケットは右から左に進んでいるため、筒の底で発射された光は左斜め上に進んでいく。
 すると何が起こるのか?
 Aさんが一秒後に見た筒の上に到達する光は地球上のBさんにも見えるが、Bさんの見た光は斜め上に進んだため、筒の上に到達した光は筒の長さである三十万キロより長い距離を進んで筒の上端に到達したことになる。
 しかしここで、思い出さなければならない。
 光の速度は常に一定で、ロケットが進んでいようが止まっていようが、秒速三十万キロという絶対的なものであることを。つまり地球上にいるBさんにとって、左斜め上に進む光の速度も秒速三十万キロである。
 すると、Aさんにとっての一秒間(光が真っ直ぐ上に三十万キロ進んだ時間)に、地球上のBさんにとっては、光が斜めに三十万キロ以上の距離を進んで筒の上端に達しているので、一秒以上の時間が経過しているということになる。
 つまりこれは、状態の違う二人 (Aさんはロケットに乗って移動中、Bさんは地球上でそれを見ている)の上に流れた時間が違うことを意味する。だから時間は状況次第で変化する、相対的なものということだ。
T=T'√(1-(v/c)2)
という式が導かれている。T'は先の例で言えば静止しているBさんの時間。Tは速度vで移動するAさんの時間、cは光の速度となる。
 これは、Aさんが光の速度で移動 (v=c) するとT=0となり、Aさんの時間が止まることを意味する。
 このことを深く考えすぎると頭が変になるけれど、例えば有名な話に双子のパラドックスがある。
 双子の兄が光速の9/10の速度で三十年間宇宙を旅して地球に戻ると、双子の弟の時間は六十八年経過していて、弟はすっかりおじいさんになっているという話だ。相対性理論の世界では、こんなことが起こりうるとされている。
 これを先ほどの式に入れて実際に計算してみると
T/T'='√(1-(9c/10/c)2)=√(1-(0.9)2)=0.4358894354
となり、三十年間の三十をこの値で割ると68.8という結果になるから、双子の間に流れる時間は違うことになる。(お疑いの方は、電卓を叩いてみて欲しい)
 ということは、光速に近い速度で旅に出ると、未来を見ることができると言える。そのくらいの速度で三十年旅をして地球に戻ると、そこは更に三十八年先の世界になっているのだから。
 ならば光速そのものの速度で旅に出たらどうなるのか。理論上、旅に出た人の時間は止まるので、やはり未来を見ることが可能となる。しかしおそらく、このパラドックスの話でも速度を光速の9/10としている通り、光速での旅にはどこかに無理がある。
 ここで時間が遅くなる、あるいは止まるというのは、つまりそれほどの高速で動いた場合、物質の原子レベルの運動が遅くなる、というのが実態に近い把握の仕方となる。つまり機械で動く時計も、その規則に則り実際の動作が遅くなる。ならば、もし物質が光速で移動すれば、人体を含めた全ての原子運動が止まることになる。そうなればなったで一体何が起きるのか想像し難いから、素人には9/10くらいの速度で考えておくのが無難なのかもしれない。
 ついで申し上げておくと、高速で移動する物体は、長さも変化する。
 L=L0√(1-(v/c)2)
 ここでLは速度vで移動する物体の長さ、L0は物体が静止しているときの長さとなる。つまり、物体が高速で移動するほどその長さは縮まり、光速に至れば物体の長さはゼロになる(ゼロに見える)。移動速度が光速の9/10だとしても、先程導いた結果と同じでL/L0は0.4358894354と、物体の長さは半分以下に見えることになる。
 このことも、すれ違う電車を使った例を使い説明可能だ。
 頭の中でイメージしてもらいたいが、例えば電車一は左方向に走っていて、電車二は右方向に走っている。
 電車一の中心にはAさんが乗っていて、電車二の中心にはBさんが乗っている。
 電車一の長さは百万キロで、電車二の長さは八十万キロとする。つまり左方向へ向かう電車一の方が長い。
 この電車がすれ違うとき、電車一の先頭(左方向に進むから左端)と電車二の最後尾(右方向に進むから左端)がある瞬間に揃う。そのタイミングを狙い、揃った左端の場所からAさん、Bさん目掛けて光を発射する。
 すると左方向に走る電車の中心にいるAさんは光の方へと向かい、右方向へ走る電車の中心にいるBさんは光から逃げる方向へと向かっていることになる。
 そうこうしているうちに、今度は電車一の最後尾(右端)と電車二の先頭(右端)がピタリと重なるタイミングがやってくる。このタイミングで今度は、揃った右端の場所からAさん、Bさん目掛けて光を発射する。
 今度はAさんが光から逃げるように進み、Bさんは光に近づくように進む。
 ここで、もし二つの電車のすれ違う速度が光速の0.6倍である秒速十八万キロであれば、Bさんには、左端から発射された光と右端から発射された光が、発射されたタイミングが違うにも関わらず同時に届く。
 Bさんにしてみれば、電車一あるいは電車二の両端から発射された光が自分に同時に届くのだから、電車一は自分の乗る電車二と同じ八十万キロの長さを持つように見えてしまう。実際は百万キロの長さだから、Bさんから見ると電車一は縮まって見えるのだ。
 これを先程の式に入れて計算すると
L=L0√(1-(v/c)2)=100√(1-(6c/10c)2)=
100*√(1-0.36)=100*√(0.64)=100*0.8=80
 となる。
 計算結果は、百万キロの長さの電車が確かに八十万キロに見えることになる。
 そしてAさんにとっては先に発射された光が早く届き、後に発射された光が遅く届くことになり、その時間差から計算した電車二の長さは八十万キロより短くなってしまう。(この場合、元の長さの0.8倍になるため、Aから見た電車二の長さは六十四万キロに見える)
 さて、ニュートン力学にも相対性理論は存在するが、この理論の基礎は、ガリレイによって最初に導かれた。
 これは、力が働かなければ運動量(質量と速度の積)は一定に留まるという法則である。
 ある物質が等速運動(一定の速度で動いている)しているとする。移動方向はx軸とする。時刻tと時刻t'の関係を座標系で表すとすれば、
t'=t、x'=x-vt、y'=y、z'=z
となる。
(t'はt時間後だからt、x方向に等速度vで移動すればその移動距離はvtであり、x'はxからvtだけ移動した座標、移動はx座標方向のみであるからy`もz'も変わらない。)
 この数式は正しいと思われてきたが、マクスウェルが電磁方程式(電子、電気工学を学ぶ人にとっては、非常に重要で有名な方程式)を発表すると、このガリレイの式との矛盾が指摘されるようになった。
 これが特殊相対性理論の次式で解決される。
t'=(t-vx/c2)/√(1-(v/c)2)、x'=(x-vt)/√(1-(v/c)2)、y'=y、z'=z
 数式が多くて申し訳ないが、言葉だけでは上手く説明できないためどうか勘弁して欲しい。
 ここで何を言いたいかと言うと、物体が動く速度vが光速cに比べて非常に小さい場合、この式はガリレイの式と近似的に同じとなることだ。しかし電磁気学は光速が関与するため(電波の速度は光速と同等)、ニュートン力学とは矛盾が生じてしまう。この矛盾が、先の方程式(これをローレンツ変換式という)で解決された。
 このローレンツ変換式の大きな特徴は、時間も変換されるということだ。ニュートン力学ではt'=tであったものが、電磁方程式とニュートン力学の矛盾を解いたローレンツ変換式では、t'とtが一致しない。もちろんvがcに比べて小さければ近似的に一致するものの、そうでないケースでは一致しない。例えば光速に近い速度で一分移動したあとの時間は、移動した本人にとっては一分でも、それを見ている静止した人にとっては違う時間ということになる。
 これが先程から述べている、双子のパラドックス事象と関係している。
 次に重力が光を曲げるという説明は、比較的簡単だ。ここで再びロケットに登場してもらう。
 宇宙空間に存在するロケットが、地球の重力によって地球に落下しているとする。しかしロケットの中は重力と慣性力が釣り合い、無重力状態という設定だ。つまり、ジェットコースターが落下する際体がふわりと浮く感覚があるけれど、まさしくそれが持続している状態を設定する。
 このロケットに乗っているAさんの目の前に、ボールが浮いている。それをAさんが真横に押すと、ボールは真横に移動する。しかしこれを地球上から見たら、ロケットは地球に向かい落下しているため、ボールは放物線を描いて地球に落下している。
 このボールを光に置き換えると、全く同じことが言える。
 この光はAさんには水平に飛んで離れていくように見えるが、地球上から見ている人には放物線を描いて光が落下するように見えるのだ。これをアインシュタインは、光が重力によって曲げられたと考えた。
 重力により空間が歪む件は次のように説明できる。地球の重力により落下するロケットの中で、ボールを適当な間隔で二個並べる。重力と慣性力が釣り合っているため、ロケットの中が無重力であることは変わらない。
 二つのボールがロケットと一緒に地球に落下する場合、厳密に言えばそれぞれのボールが地球の中心に向かっているため、その軌跡は平行ではなく角度がついている。つまり二つのボールは、落下と共にじわじわと近づいていき、最後には地球の中心で重なることになる。ロケットの中でその様子を見ていれば、それは何も力が加わっていないのに、勝手に動いてボールが近づいていくように見えることになる。
 アインシュタインはこれを、重力が空間を曲げた、つまり歪ませたと考えた。空間に存在するボールは、空間が歪んだために勝手に動いた、ということだ。
 もう一つの重要な法則は、質量mがエネルギーEと等価ということである。
 馴染みの深い
E=mc2
 という式がある。cは光速であり秒速三十万キロメートルであるから、質量に光速の二乗をかけたエネルギーは莫大なものになる。
 その数式は若干補正され
E=√(m2c4+p2c2)
が導かれた。ここでpは粒子の運動量であり、その粒子の全エネルギーがこの式で表される。この式により、原子力エネルギーが、質量のわずかな部分がエネルギーに転化されていることを理解することができるけれど、頭の痛い話はこの辺で止めておく。
 こうして相対性理論を俯瞰すると、時空やエネルギーは光と密接に関係していることが分かる。
 それでは、歪んでしまう空間や時間とはそもそも何で、宇宙で最速の光とは何か、などと考え出すと、また頭がおかしくなってしまう。
 とにかく、アインシュタインの理論がなければ、今やみんなが便利に使っているGPSはなかったかもしれない。GPSは、GPS衛星が発信する複数の位置データと正確な時刻データ(GPS衛星は、非常に正確な原子時計を少なくとも二個実装している)を端末で受信し、端末に届くまでの時間と届いた位置情報を計算しながら自分の位置を計算している。(衛星と端末の距離=電波の速度×届くまでの時間)しかし、高速で移動する衛星の時間は地球上の時間と違うため、相対性理論を使い補正している。端末側に原子時計などは実装できないため、端末内の時刻は衛星から受け取る時刻情報によって常に補正されている。
 GPSの位置の誤差を補正する仕組みも中々興味深く、正確な位置が分かっている特定の場所で誤差を検出し、そのエラーを衛星側にフィードバックし誤差を修正する方法などが取られているようだ。
 こんな話をフィリピーナ妻にすると、超常現象でも幽霊話でも何でもすぐに信じるフィリピーナだから、細かい内容をどこまで理解しているかは疑わしくても、未来に行きたいとか、過去に戻ってみたいという話になる。
 アインシュタインの説によると、この世に完全な固体は存在しないらしい。例えば大きな質量を持つ天体は自らの重力で縮み、最後は点になるようだ。それがブラックホールなのかもしれないが、そんな話もフィリピーナ妻にすると、数年後には地球も点になるとパニックに陥る。
 とにかくこの世にはまだまだ不思議なことがたくさん残されているけれど、フィリピーナの不思議さも、解明に至るには当分時間がかかりそうだ。
posted at 08:33
Comment(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:相対性理論

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。