フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます

フィリピン生活:カテゴリの記事一覧です。

2011年08月14日

318.疲れる・・

突然、レガスピに行きたいという話になった。
モナが、マニラで短くカットした髪に、ストレートパーマをかけたいからだそうだ。
土曜日でベルは学校が休みなので、ベルとテスおばさんの娘、アンも一緒に連れて行き、モナが時間のかかる髪の処理をしている間、子供たちに映画でも観せようかという話になった。
それは前日に決めていたことである。

しかし当日になると、家には子供がユリだけとなることに想いが至る。
ユリはまだ小さいとは言え、両親もアテも家から居なくなったら、きっと彼女は異変に気付くだろう。
一人置いて行かれるユリが急に可哀そうになった僕は、ユリも一緒に連れて行きたいと言った。
しかしユリが一緒だと、映画を観る事が出来なくなるらしい。小さな子供は入場できないそうだ。
そうであれば、ベルとアンを映画館の前まで連れて行き、二人だけに映画を観せるのはどうか、僕はユリをゲームセンターで遊ばせ、映画が終わった頃にベルとアンを迎えに行くという提案をしたが、それもモナに却下された。
理由は、女の子二人だけで映画館に入るのは危険だからとのことだった。
映画館は暗い。暗闇の中に女の子二人だけとなれば、いたずらをする男がいるからと言われ、「本当にそんなことがあるのか?」と念を押すと、きっぱりと「ある」と言われた。

「・・・・フィリピンって、なんか疲れるなぁ〜」
と、僕の口からため息交じりに、そんな言葉が思わず出る。モナはそれを聞いて、ゲラゲラ笑っている。
怒って言ったわけではないから、モナが笑うのもわかるが、しかし全くの冗談でもない。

停電、断水に低水圧(先日の台風の影響で最近は水道水の水圧が低く、温水器が動かない。温水器の蓋を開けて、無理やりスイッチを入れている、少し前、裸で200Vに感電し、まさに体に電気が走る)に始まり、自転車泥棒(ロックをしてもまるごと持っていかれるので、常に自転車を監視できない場合、使用を控える必要あり)、ひったくり、すり、購入品故障(昨日クローゼットの中でハンガーにかかった服を寄せながらベルトを探していたら、それほど力を入れたつもりがないのに、ハンガーのひっかける部分[クエスチョンマークの上の部分]がバキッという音を立てて割れて外れた。粗悪品多数。使用1週間以内に壊れるもの多数)、蟻の襲撃(街のセントラル公園に行くと必ず足の指を喰われる、昨日もやられた)、お出かけ情報に機敏に反応する親戚筋、遅いインターネット・・・・。
ゆったりとした生活の中には、はぁ・・とため息の出ることがゴマ塩のゴマのように入り混じっている。
これらは慣れるまで、本当にイライラする。もっともそれらも、度が過ぎると返って笑えたりして愛嬌の内のように感じることもあるから不思議だが・・。

結局ユリを置いて、僕とモナ、子供2人の4人で出かけた。
食事をし、映画を観て、買い物をして、それなりに楽しんで帰ってきたが、気付いたらベルが首から吊るしていた携帯が、ストラップの先から無くなっていた。ストラップの脱着箇所のロックが勝手に外れて、落としてしまったらしい。粗悪品ストラップなど、使うものではない。(僕はバイクや家、部屋のキーを付けるキーホルダーなどは、日本から持ち込んだ信頼できるメーカー品を使用している。損失を被りそうなものは、みな、そうしている)
失くしたベルの携帯に電話してみると、最初は呼び出し音が鳴ったが、その後すぐに電源を切られた。これでほぼ、ベルの携帯が戻ってこないことを確信。
誰が拾ったかは知らないが、大体そんなものである。

ベルは家に帰ってから、モナとママに叱られて泣いていたようだ。
どのような叱り方をしたのか知らないが、大切なのは、物を大切にすることと、なぜ失くしたかを振り返り、同じ失敗を繰り返さないための勉強だ。失くしたこと自体を責めても仕方ない。
この辺りをママとモナが分かっているのか、少々気になっている。


↓ランキングに参加しています m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 08:16
Comment(6) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:318.疲れる・・
2011年08月13日

317.ダンス遊び

僕がかつて何度もハッとしたのは、フィリピーナが音楽に合わせて体を動かしたり、ダンスを披露したりするときである。
彼女らが、明らかに日本人とは違う何かを持っていると、感じる瞬間だった。
女性に限らず、男性でも独特の何かを持っている人もいる。
リズム感、しなやかな動き、手と足と腰の動作バランス、そして掌の形と、どれをとっても敵わない。
モナは僕のダンスも独特で面白いというが、それは「素晴らしい」という褒め言葉ではなく、本当に笑ってしまう滑稽さがあると言われているように聞こえる。(そこまで露骨には言われていないが・・)

フィリピーナの素晴らしいダンスは、おそらく小さな子供の時から鍛えている賜物だろう。我が家では、ベルもユリもダンスが大好きで、TVやCDに合わせていつも踊っている。

そんな子供たちにさえ、とても敵わないと思うほどのダンスの腕前の僕が、先日ベルとテス叔母さんの娘アンを、ダンスを教えてやるからちょっとこっちへ来なさいと、手招きして二人を自分の前に呼び寄せた。
ディスコのような公の場所では決してやらないダンスだが、僕が他人にダンスを教える際(例えば子供たちが集まるイベントなど)、誰もがすぐに踊れる方法を自ら開発した、とっておきのダンスである。
わざわざ原宿の路上で踊っている方々を観察しに行き編み出した技なので、一応元手がかかっているが、今回は特別に無料で公開(笑)。その代わり内容は「竹の子族後の原宿風」となっている。

第一ステップは、右手を右肩、左手を左わき腹付近に添え、タオルで背中を斜めに洗うように動かす。
「はい、背中をごしごし洗ってぇ〜」
そのまま背中を洗いながら、第2ステップは、右足で足元のたばこをごしごしともみ消す。
「はいはい、もみ消して〜、あ〜、手の動きはそのまま!背中を洗いながらたばこをもみ消す〜!」

するとどうだろう、ロックンロール風ダンスを踊っているように見えてしまう。
日本では少々時代錯誤に感じるが、フィリピンではこれが新鮮らしい。
子供たちには結構うけたようで、こちらが教えたことなど忘れた頃に、遊びでこのダンスをしている。
遊びのつもりでやってみたのだが、ダンスの得意なフィリピン人に、まさかここまで「竹の子族後の原宿風」が通用するとは・・・、教えた本人が驚いた。

ダンスなど無縁だという方でも、速攻でそれなりのダンスを踊っているように見えるので、是非、誰も見ていない部屋に一人になった時など、試して頂ければと思う。
ただし笑える・・、もともと笑って楽しむダンスなので、笑えれば成功だが。
マスターしたら、腰の動き加えるなどのアレンジをすれば、複雑なオリジナルダンスにもなる。
丁度今は夏休み。
小さな子供がいる方は、一緒に音楽を流して遊びながらやってみれば盛り上がる・・・・かもしれない。


↓ランキングに参加しています m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 01:00
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:317.ダンス遊び
2011年08月12日

316.日本は盆休み

日本は既に、盆休みに入った人が大勢いるのだろう。
僕の会社も日本側は本日から休みになるようだが、さて、僕はどうするか。フィリピンの会社休日をまだ決めていないので、どうしようか迷っている。
不思議なことに、フィリピンにいると敢えて夏休みを取ろうなどと思わなくなる。ここ数日間、特に昨日は食事をする暇もないほど忙しかったが、ほとんどはゆったりとしているので、まあ、その延長で気の向いた仕事を気の向いた時にするかなどと、呑気に考えてしまう。
子供が夏休みというわけではないし、どこかへ連れて行かなければならないということがないから尚更そうなる。
日本側が休みになれば、静かになってゆったりと仕事でも読書でもできそうだから、かえっていろいろと効率が上がりそうな気もしている。

マニラ界隈では、どこの飲み屋でももうすぐ日本が休みになることをちゃんと知っていて、もうすぐ日本人のお客さんがたくさん来ると、てぐすねひいて待っている。
しかも、今年は震災の影響で休みが長い人も多いはずなどと、そんなことまで情報入手済みだから恐れ入る。
地元にへばりついている自分たちよりも観光客の方が羽振りが良いから、お店も働く女性も期待が大きい。(いつも羽振りが良いフィリピン滞在者も当然いるが・・・)
成田空港などで高笑いしているおじさまたちは、そんな風に待たれていることを知っているだろうか。
少なくとも以前の僕は、そのように考えたことはなかった。
フィリピンの盛り場は稼ぎ時だと思って気合十分だから、遊ぶ側は覚悟しておいた方が良い。
もっとも押し掛ける方も盛り上がって気合十分だから、少しくらい高い金額を請求されても屁でもないかもしれない。
どうせ派手にお金を使おうと思っているのだから、思い切り楽しめたらそれで良いが、つい先日、路上で日本人が発砲され、現金の入った鞄を強奪された事件が発生したばかりなので、身の安全には十分気を付けてもらいたい。強盗に遭った日本人は、幸い怪我は無かったようだ。以下に、フィリピンの日本大使館から寄せられた情報を載せておく。


〜以下、フィリピン日本大使館からのお知らせより転載〜
大使館からのお知らせ
(拳銃を用いた邦人被害の強盗事件の発生)
1.8日(月)朝,当地滞在中の邦人男性が徒歩で出勤途次,勤務先付近にて目出し帽をかぶった何者かに突然発砲を受けた後,更に犯人に拳銃を突きつけられ,持っていた鞄を強奪される事件が発生しました。犯人はその後,近くに駐車していたオートバイで逃走した模様です。

2.今回の事件の背景等については警察が捜査中ですが,当該邦人は,業務のために多額の現金を所持していた模様で,犯人は予め被害者の通勤経路,通勤時間等の行動パターンを調べ,待ち伏せしていた(狙っていた)可能性も否定できません。

3.今回のような事件に遭わないように予防するとの観点から,外出する際には多額の現金を持ち歩かない,また,可能であれば,行動パターンを変えることが大切です。

4.つきましては,家族を含めた皆様の安全対策を改めて見直すようお願いいたします。万が一,強盗に遭遇した場合には,身の安全を第一に絶対に抵抗せず,犯人の指示に従って下さい。所持金品に執着を示すことは,思わぬ結果を招くことになりますので,特にご留意下さい。 

 また,不測の事態に巻き込まれないよう,常に周辺に目を配り,万が一事件に遭遇した場合は,物陰に身を隠すなどの自衛策を心掛けて下さい。
〜大使館からのお知らせ転載、ここまで〜


日本が休みでメールも電話も静まり返るこの時期、僕はひとつだけ、やりたいことを決めている。
それは数カ月前にタバコシティーにオープンした、マッサージ屋さんに行ってみることだ。
先日試したマッサージは、モナがエステで通っている所だったが、500ペソも取られた割にはたいしたことがなかった。
今度試したいと思っているところは値段が半分で、サービスドリンクがあり、有料だが各種アルコールも揃っている。
ジャグジーもあり、リラックスすることを意識して作られた施設のようだから、こちらの期待は勝手に大きく膨らんでいる。
僕はフィリピンの田舎町、安いマッサージプレイスで、ささやかな盆休み気分をおすそわけ程度に味あわせてもらうことにする。


↓ランキングに参加しています m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 01:00
Comment(8) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:316.日本は盆休み

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。