フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます

フィリピン生活:カテゴリの記事一覧です。

2011年05月31日

240.食は人を良くする

食は人を良くすると書く。食は人を良くするから大切だ。
・・・なるほど。誰が考えたのかは知らないが、そんな意味からこの字を作ったとすれば、作った人は頭が良い。

とすれば、最近貧相で、性格が破綻気味で、頭の回転も悪くなりつつある僕は、食がだめだということになる。

最近、美味いラーメンが食いたい。まずいラーメンはだめだ。美味くなければならない。
麺もスープもチャーシューもシナチクも海苔も、入っているもの全てに職人のプライドが滲み出ている美味しいラーメンだ。
僕は白みそベーススープに野菜やコーンが入った札幌ラーメン派だが、紅ショウガと辛い高菜がたっぷり入った九州系でも良い。
僕はよく濃厚なとんこつスープで腹を下すが、この際下痢も大歓迎。

新鮮で極上の刺身に、ワサビをきかせた酷のある醤油をつけて、炊きたての白米を一緒に食べられるのなら、ラーメンは諦めても良い。この場合は海老かアサリのダシがきいた味噌汁が一緒だと尚良い。ついでに漬物など軽くついたら更に嬉しい。

インターネット上では、よだれが出そうな日本のご馳走をふんだんに見ることができる。
でも・・・・・、

なぜインターネットでは出前できないのか。なぜ匂いは運べないのか。味見くらいできても良いではないか。
出前もできず、匂いもないなく、味見さえできないなら、これはまるで拷問だ。

パソコンで美味しいご馳走を見比べながら、
「美味しそうだねぇ〜、今日の晩御飯は寿司にしようか」
などと言ってみるが・・・・、

その3秒後には極度の悲壮感が自分を襲う。

これまで度重なる海外出張、海外経験を積んで、これほど和食が恋しくなったことがあっただろうか。

どうにもならない悔しさに、くそ〜、何かお金を使ってやる〜という気になって、みんなをジョリビー(マクドナルドのフィリピン制覇を妨げるフィリピンの一大ハンバーガーチェーン店)に連れていくことにした。
行きたい人は全員連れて行く(ジョリビーだから・・)と言ったが、今は食べたばかりで結構と、せっかくこちらがその気になれば、モナ・ベル・ユリ以外は誰も行かないらしい。
ここで、安い場所には食いつきが悪い・・ということがわかった。

ダディーがトライシケルで送ってくれた。
ジョリビーの前で、「自分はジョリビーはいいから、その代わりガソリン代をくれ」

ガソリン代の方が高いじゃないか。
午前中には二人で市場で買い物をしたが、おつりの細かいのは自分で取って、タバコを買っていた。
ダディーは最近だらけている。昼寝、DVD映画鑑賞、酒・・ばかり。そのおさぼりぶりは、今や堂々としている。その上こちらが小銭には目もくれないと思っているのか、それをくすねるにも遠慮はない。そのうちお仕置きが必要だ。

ジョリビーでマヨネーズ抜きのチーズバーガーを頼んだ。
結構美味しい。腹が満たされれば、先ほどの和食慕情も少し和らぐ。
ついでにダディーにあげたガソリン代のことも、すっかり忘れていた。

「食は人を良くする」とは、良く言ったものだ。


↓宜しければポチっと m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 01:00
Comment(6) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:240.食は人を良くする
2011年05月30日

239.厳しい環境

ママがモナに言ったそうだ。
僕の部屋の前を通った時、僕がにやにやしながらパソコンのキーボードを打っていた。どこかの女とチャットしているのではないか。

モナが少ししてから部屋に来て、仕事をしている僕の背後に立ち、パソコンの画面の様子を探っていた(その時はただ立っているだけだと思っていた)。
そしてママの告げ口の内容を話ながら、「チャットしてた?」と訊いてきた。

僕は思わず笑ってしまった。
ママがチャットなどということを知っていること、そして、娘の旦那の動向をいろいろ気にしていることが分かったからだった。
先日しつこく僕を誘ってきた女社長の件で、ママがモナに「男はみんなしつこい女が好きだから気をつけなさい」と言った話も、僕の中で重なったから尚更おかしかった。

それの何がおかしいのかよく考えてみたら、その変な決め付け方がおかしいのだ。
僕が思うには、男は決してしつこい女が好きなわけではない。しつこいだけではだめで、プラス様々な条件が一致した時に、そのしつこさが嬉しかったりするのだ。
嫌な女にしつこくされれば、もっと嫌いになるのが普通だ。

さてここで、本当に僕がどこかの誰かとチャットでもしていればドキリとするところだったが、そんなことは一切なく、僕は至って真面目に仕事をしていただけである。
なにかニヤニヤすることがあったかと思い出してみても、さっぱり心当たりがない。
ということは、僕の顔は普段から、にやついて見えるということだろうか。
外人に日本人の顔はにやけて見えるという話を思い出し、ここでまたおかしくなって笑ってしまった。

しかし再び考えた。
もし本当にいけないことを考えたり実行に移そうものなら、ここには疑いの目を持って注視している人が、ママとモナの最低二人はいるということだ。
鋭い女性の目が4個もあれば、これは決していけないことはできないし、仮に・・・仮にだが・・・、そんなことをしたら確実に・・・・、

・・・・ばれる(汗)


お気楽に暮らしているようで、実は結構厳しい環境下にいるのだと、自覚させられた出来事であった。

↓宜しければポチっと m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 01:00
Comment(4) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:239.厳しい環境
2011年05月29日

238.台風騒ぎ

台風2号がやってくると噂があったので、とりあえず午前中にレガスピに行く予定を午後に変更し、停電に備えて急ぎの仕事を片付けた。
頭の上には青空が広がっていて、とてもこれから台風がやってくるとは思えない。
仕事が一段落し、昼食をとってから家を出て、レガスピの役所に到着したのが午後2時半である。
階段を昇ると、事務所入口の扉の前にあるセキュリティーディスクに誰もいない。
そして事務所の中も、奥の蛍光灯が一つついているだけで、中には誰もおらず薄暗い。

おかしいと思いながら事務所の中を覗いていると、中にいたセキュリティーガードがこちらに気付いて、ドアを開けてくれた。
聞けば台風が来るから、本日は早めに店じまいしたそうだ。でもまだ頭上には青空が広がっている。
結局買い物をして、レガスピを夕方5時に帰りのバン(乗り合いタクシー)のターミナルに行ったのだが、そこで別の役所の知り合いとたまたま同じバンに乗り合わせた。
その彼が勤めている役所も、2時で店じまいしたそうだ。それでも天気が良いから、どこかをぶらついていたらしい。
どちらの役所も、中央政府の出先機関だ。なんともフィリピンらしい処置である。

結局5時時点で相変わらず天気が良い。
翌日は朝から、我が家は大騒ぎである。今回の台風はスーパーで危ないから、窓に外から板を打ち付けるとかで、朝から大きな板を買いに行き、その後は激しい音を立てながら我が家の大きな窓を塞いでいく。買い物料金は3500円。

さて準備万端整って、いつ台風が来るんだと待っていれば、いつまで経っても風雨はやってこない。
本当は大きな台風が来たら困るけれど、いつの間にか、なぜ来ないんだと台風が来るのを待っている。

そしてやや大ぶりの雨が降り、やや強い風が吹いてきた。でもそれだけ。
それでもこれからスーパー台風がやってくるから大変だとみんなで身構えていたが、夜遅くなってからモナが、「嘘だったねぇ」とポツリと言った。
僕はその言葉を聞くまで、きっとこれからすごいことになるんだと信じていた。

みんなでこれほど大騒ぎをして、嘘?(嘘ではなく、少しそれただけだが)
役所もみんな止まってしまったのに??(警察はどうだったのだろう?)
一体この国の情報は、どうなっているのだろうか???(最後まで危ないと言っていただけ)

これから台風が来る度に、こんなことになるのだろうか。
こんなんじゃこの国の生産性は上がるわけがない。妙に納得。

↓宜しければどうかポチっと m(__)m
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted at 01:00
Comment(8) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:238.台風騒ぎ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。