フィリピーナと共に
ブログ構成がわかる目次はここから入れます
2012年10月17日

614.田舎暮らしが順当?

 九月:僕の誕生日、十月:結婚記念日とハロウィン、十一月:モナとユリの誕生日、十二月:クリスマス‥‥。イベント続きだ。イベントが続くと落ち着かない。
 ばたばたする中、すっかり忘れていた自分のVISAの件。気付いたら承認が出ていた。正真正銘のパーマネントVISA.。これまでの一年間は、様子見の仮承認。申請後一週間で承認済みの告知がインターネット上に出ていたようで、珍しく早い。VISAの申請はフィリピンイミグレーションお抱えの弁護士と面談しなければならないが、「仕事は何?」「フィリピンに住みたい?」等の簡単な質問の後、「子供がいるから承認しなければ可哀そうでしょ」と言われ、五時間も待たされた面談は5分で終了。とりあえずフィリピン居住が継続可能となった。
 話しの内容次第で、彼はいい加減な弁護士だったと罵ったり、話しの分かる弁護士だと褒めたりと、彼に対する評価が百八十度変わるはずで、こちらもいい加減と言えばいい加減。しかし許可がおりなければ真面目に困るから、とにかく良かったし有り難い。

 VISAがおりたと同時にあっと気付いた。僕の運転仮免許が先月で切れていた。どうやら無免許でバイクに乗っていたようだ。最近はバイクの免許確認検問が多いので、これは危ない。切れる前に本免許試験の申請だけはしてあったので、それが有効かどうか確認しなければならないが、普通はアウトだろう。話しの分かる係官がいればこれも助かるが。
 もっとも仮免許は書類申請だけで簡単に取れる。もしアウトなら、もう一度仮免許を取り直すことになる。

 VISA申請中、フィリピン行政に不信を頂く出来事があった。
 イミグレーションに行き何かの申請をすると、自動的に特急料金(ExpressLaneFee)というものを徴収される。これはレガスピの事務所で、自分の他に誰もいないがらがらの状態でもそれを徴収される。その割にどこでも待たされるから、この料金は少しでも多くのお金を客から巻きあげるため、イミグレーションが独自で適当な理由を作って考え出した料金なのだろうと思っていた。すると職員同士の会話で、来月は臨時ボーナスが出るという話しが聞こえてきた。聞き捨てならないのは、「特急料金収入が予定外に多い」からだそうだ。これが事実ならば、この料金は国庫に入るお金ではなく、イミグレーションが独自開発した自分たちの身入り増額のための料金という予想は大当たりだったということだ。
 フィリピンイミグレーションを体験したことのある人がこれを聞けば、少々ムッとするだろう。全ての手続きが特急どころか鈍行で、しかもみんなが並んで待っている窓口の内側では、飲み食いし無駄話をし、ゆったりと仕事をしているのが丸見えだからである。
 あまりに堂々とそんな風にされると、これがフィリピンの風習なのかと外国人は諦めの境地にもなるが、出てくる溜息だけは押え切れない。
 フィリピンにお世話になる外国人は、フィリピンに住まわせてもらうことと引き換えに、こうやって細々としたお金を払って我慢していることもある。住まわせてもらうのだから仕方ない。こちらは微妙な立場ということで、アウェイには厳しい現実があるということだ。
 貧しい国というものは、仕方がない。できるだけ楽をして、取れるところからできるだけ取るというのがあらゆるところに垣間見られる。先進国も貧しくなれば、似たような現象が見え始める。

 外に目の向かない日本人にはピンとこないかもしれないが、今のアメリカが加速度的におかしくなってきている。州によっては失業率が30%に届く勢いで、食えないアメリカ人が急増している。そんな街は犯罪が増え、警察機能が衰え、荒廃の一途をたどっている。
 ある情報筋によれば、アメリカでは破綻の準備が淡々と進められているとか。これが事実なら、アメリカは世界を相手に一世一代の詐欺をしようとしていることになり、フィリピンの特急料金どころの騒ぎではない。僕の一ドル五十円時代が来るという予想を飛び越え、ドルが紙クズになる。
 ドルの後に登場する紙幣の名称(アメロ)やデザインが既に決まっているとの噂もある。アメロについてはインターネット上にも随分情報が出始めているので、調べて頂ければ噂の範疇で誰にでも分かるはずだ。ただしインターネット情報は、アメロの登場理由を前向きに述べているものが多いはずだ。
 ヨーロッパも最近振るわない。ユーロ安がそれを物語っている。まさしく世界恐慌となっている。この先どうなり、どうするか。個々が重大な選択を迫られる時代は、それほど遠くないかもしれない。
 こうなると、世界を牛耳っていると思っている人たちは、もう一度くらい戦争を起こさないとだめだと考えそうだ。その意味で、世界は危険な状態だと言える。
 もし現在の日本と中国の不穏な空気、これがそのような背景の中で仕組まれたものだとしたら‥‥。
 どうだろうか、小説っぽいではないか。

 どこでも利権が集中する場所は、経済が大きくなり犯罪の内容も過激になる。国全体が貧しければ、その傾向は顕著だ。それに伴い様々な厭らしい側面も見え始める。それはどの国でも大なり小なりあることだ。
 ここフィリピンでのことは、フィリピン人が立ち上がらない限り、外国人の自分はその厭らしさから目を背け、できるだけ心の平和を維持するよう努めるしかない。
 田舎でも厭らしさはあるが、都会ほどじゃない。ここには何もないけれど、外国人の自分はフィリピンの田舎で静かに暮らすのが、順当かもしれない。
 こんな原稿を書いている最中、二センチほどの大きなスズメバチが僕の耳元で「ぶ〜ん」という音を立て飛んでいる。しばらく無視していたが、スズメバチは子供が遊ぶ部屋に行こうとしたので、慌てて箒で外へ追い払った。
 スズメバチ相手なら、外国人の僕でも果敢に立ち向かうことができる。田舎ならではのハプニングだった。



↓ランキング挑戦中
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted at 11:41
Comment(4) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:614.田舎暮らしが順当?
2012年10月16日

613.結婚記念日イベント

 さて、昨日の様子でも書こうかと思ったら、突然電気が無くなった。いつもの停電だ。扇風機が使えず少し暑いが、丁度コーヒーを淹れたばかりだし、パソコンのバッテリーが残っている間にちまちま書き進めてみようかと、気を取り直してPCに向き合っている。
 実は一昨日の夕方、モナが突然、セブかマニラに行こうなどと言い出していた。美味しい物を食べるならどちらかに行った方が良いのは確かだが、それにしても急な話しで却下。ナガという大きな街に行くことも考えたが、片道二時間は少し遠い。飛行機でマニラやセブに行くのと変わらないのでそれも止めた。結局レガスピで、少し変わった所に行くことで、三回目の結婚記念日の予定が決まった。
 よくよく考えると、結婚記念日をモナと一緒に過ごすのは結婚後初めてのことだ。今年の僕の誕生日も同じで、僕はこれまでそのような時、いつも日本にいた。今年はできるだけ出歩かないようにしているので、僕は様々な行事に出席している。

 昨日ランチをしたのは、Eatliaというイタリアンレストラン。入口は小さいが、この界隈では珍しく内装が綺麗な店だった。

IMG_1285.JPG

IMG_1283.JPG

IMG_1287.JPG

IMG_1290.JPG

IMG_1288.JPG

 ここはモナがギョウちゃんの奥様に教えて頂いた店だが、いざ行こうと思ってもモナは詳しいことが分からない。聞いているはずなのに、およその位置は分かっても詳細が伝わっていないのだ。特に我が家の中の話しだが、フィリピン人同士のコミュニケーションにはものすごいアバウトさを感じることがあり、待ち合わせなどでも話しが違うということが多い。肝心なことを確認せずに分かったつもりになっていて、いざと言う時に意思のすれ違いや分からないということが発覚する。僕は一時、タガログを始めとするフィリピン言語には、5W1Hが無いのか? と真剣に疑っていたことがあった。
 そんなことで、その店の存在を知っていながらずっと行くことができなかった店だった。いざ行ってみると、これまで何度もその前を通っている場所だった。なぜ分からなかったかと言うと、店の名前が「イタリア」と聞いていたからだ。しかし実際は「Eatalia」。僕はItaliaだと思っていたから、店の名前が違うとその前を何度も素通りしていた。しかも写真で見て分かるように、看板文字が分かり辛い。しかしイタリア料理の店をeataliaとするのは、日本やアメリカでも多いようだ。メニューの文字も同じような表記でとても分かり辛い。日本で初めて本格的なフレンチレストランに行き、メニューの内容がさっぱり分からず冷や汗をかいたことを思い出した。

IMG_1294.JPG

IMG_1297.JPG

IMG_1298.JPG

IMG_1296.JPG
IMG_1295.JPG

 サラダ、サーロインステーキ、ミートボールスパゲッティーなどと注文してみたが、味は良し。サーロインステーキは注文前にフィリピンビーフということを確認し、僕が「挑戦してみる」と言ってオーダーすると、店員は苦笑いをしていた。料理となって出てきたフィリピンビーフはとても柔らかく調理され、初めてフィリピンビーフで美味しいと感じた一品だった。スパゲッティーは少し甘めだったが、ニンニクをしっかりローストした下味に本格派を目指している姿勢を感じたので、次は違うパスタを試してみよう。食後のキャロットケーキも美味しかったが、濃いイタリアンローストを期待して頼んだコーヒーはフィリピンコーヒーで、それが少し残念。

 イタリアンレストランの後は、お約束の韓国・日本食材店に行き、味噌、マヨネーズ×2、カレールー×2、うどん×3等を購入。それだけで三千二百円だから、やはり輸入物の日本食材は高い。うどんだけは韓国製。お店は十時半までやっているとのことで、買った物をお店に預かってもらい、ディナーが終わってから取りにくることにして店を後にした。
 その後のモールをぶらつき、歩き疲れたのでいつものコーヒーショップでダディやママを待つことに。モールで買ったキティーちゃんのチョコレートクッキーを食べていたユリが、気付いたらすごい顔になっていた。

IMG_1300.JPG

IMG_1304.JPG

 ダディ、ママ、ベルと合流し、再びモールへ。ママは何か買おうと迷っている。ママが迷い出すととても長い。ベルとユリはふざけながらフロアを走り回りだしたが、このモールのフロアは鋭利な突起物が多く、夢中になった子供にはとても危険で、それをいさめるのに一苦労。子供の顔の高さに商品展示用に使う金属がたくさん出ているので、モール側はなぜこれほど無神経なのだろうと、いつも不思議に思う。子供の事故など起きないのだろうか。

 お腹も空いてきた頃、丘の上のホテルに移動。以前サラマさん御家族が宿泊したホテルだが、僕はその時日本にいたため、初めての訪問となる。ママも初めて。噂通り綺麗なホテルだ。丘の上にあるため、既に陽の落ちたレガスピの夜景を見渡せる。海に近い場所の丘の上なので、台風がやってくると風をまともに受けるらしくその時には大変らしい。

IMG_1305.JPG

 フィリピンのクリスマスやサマーシーズンは宿泊客が多いらしいが、普段はガラガラ。昨日もとても空いていた。ホテルの規模が大きく従業員もたくさんいるので、閑散期に客が少ないとホテル維持が大変だろうと思わず心配になる。そう言えばレガスピは、意外とホテルが多い。ランチを食べた店の脇にも新しく綺麗なホテルができたばかりで、外から見えるそこのラウンジは素晴らしく綺麗だった。
 こうやって近場が便利になるのは有り難いが、地域を見ていると、それだけのニーズがあるのだろうかと疑問になる。それはマニラのモールオブエイシアも同じで、とりあえずお金を回しながら何とかなっているが、実は膨大な赤字をどんどん積み上げているだけではないかと心配になる。従業員の給与が安いから、成せる技なのか。

 ホテルのレストランは従業員の立派な制服や態度が、ハイクラスのレストランと変わらない。椅子やテーブルや内装にお金をかけ、それなりの雰囲気となっている。但し客はご覧の通りがらがら。こちらとしては静かで良い。
 客は韓国人が多いようだが、若い韓国人は英語を話しているので確信を持てない。仲間内にフィリピン人がいるから英語なのか、それともそのような習慣なのか。向こうも僕を何人だと思っていた可能性は大きいが。
 頼んだ料理の味は日本人には美味しいが、材料に金をかけ薄口の味付けという印象でフィリピン人には向かないのではと思っていたら、ダディやママはその通りのことを口にした。しかし写真には無いが、最初に出てきたクラムチャウダーがパンをくり抜いた容器に入って出てくると、それは何だということになりみんなでつつきだした。これにはみんな、形も味も大満足で、僕が容器のパンを食べると後の料理がお腹に入らなくなると忠告したにも関わらず、クラムチャウダーは跡形もなく完食。ダディはメインの料理が出てくる前に、お腹を押さえて「ボソグ(お腹一杯)」だと満面の笑みを顔に浮かべ言い出した。

IMG_1309.JPG

IMG_1312.JPG

069.JPG

 出てきた料理を全て食べ終えた頃には、ダディはお腹が一杯で、ビールのお替りも要らないと言っていた。腹が満たされた後は、レガスピの街の灯りを眺めながら、みんなで幸せな空気を満喫し涼しいテラスをぶらついた。

IMG_1322.JPG

 ホテルに迎えに来てもらった車に乗り込むと、ハイテンションを維持していたユリが電池が切れたようにすぐに眠った。Kマートで買った食材をピックし、結婚記念日の最後を飾る当然の儀式に備え、僕はブログコメントの返事をiPhoneから揺れる車の中で必死に打ち込んだ。



↓ランキング挑戦中
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted at 14:28
Comment(4) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:613.結婚記念日イベント
2012年10月15日

612.結婚記念日

 本日十月十五日は、僕とモナの三回目の結婚記念日。ようやく三年が経過した。
 特にイベントを考えているわけではなく、モナの要望は二人だけでデートをしたいということだ‥‥が、どこかへ出かけるとなれば、ユリは自分も一緒に連れて行けと泣きながらせがんでくる。
 結局ユリを連れ、三人が先行でレガスピに行きランチや買い物をして、午後からダディ、ママ、ベルとレガスピで合流、みんなでレガスピの丘の上にあるホテルでディナーをすることにした。おかげさまでようやく三年が無事経過しましたと、感謝の気持ちを込めての招待である。家族の件で悩まされることもあれば、家族のサポートに助けられている点が多いのも確かだ。異国人の僕にとっては尚更で、モナやモナの両親が、僕の我儘を上手に受け流してくれているところがもっとも感謝すべきところだろうか。モナの両親は、夫婦や子供の件で余計な口出しを極力控えてくれている点が、本当に有り難い。
 本日の買い物で一番の目当ては、レガスピのKマートという韓国・日本食材店でマヨネーズと味噌を買うことだ。結婚記念日らしからぬショッピング‥‥というか、グローサリーだが、マヨネーズや味噌は、僕にとってはプレシャスフード(貴重な食べ物)だ。結婚記念日に、是非奮発して買ってきたい‥‥実はいつものスーパーでマヨネーズが品切れ、味噌は先日マニラで買い忘れたためなのだが。

 さて、もう一つの問題。僕の財布には、デートの費用が入っていない。財布の間口をいくら広げて見ても、中味は五十ペソ(約百円)と侘しいかぎりだ。もしレガスピで迷子になっても、辛うじてタバコまで帰ることができるぎりぎりの金額。
 結婚記念日のデート費用をモナの財布から出してもらっても良いが、モナの両親を招待したのは自分だし、せっかくならばこちらの財布から出してあげようと、土曜日に自分の日本の銀行口座からお金を引き出そうとした。ついでに土曜のランチの費用も出してあげようと、ランチ前にレガスピモール内のATMで操作をしたら、ATMに現金が無いという表示。暗証番号や引き出し金額を入力してからそのように言われたので、「お金が無いなら最初から言えよ」と機械に捨て台詞を吐いて、今度は銀行のATMへと向かった。すると今度は、カードが使えないときた。よく見るとカードの有効期限が九月で切れている。さて、これには困った。いつの間にか日本の口座からお金が引き出せなくなっている。
 結局フィリピンの生活費バンクからお金を引き出し、ランチはモナのおごりとなった。
 そしてグッドタイミングで、新しいカードを送ったが返送されたので、とりあえず新カードは失効させたとメール連絡が入った。
 すぐに田舎の実家に住所変更をし、カードを送り直してもらおうと思ったら、インターネットで身分証明を送る際、それを専用のアプリケーションで撮影するらしいが、そのアプリケーションがiPhoneに対応していない。
 当面はよいとして、ずっとこの状態が続くのは考えものだ。外出先でランチを食べながら少し考えハッと気付いた。モナが日本の銀行に口座を持っている。その口座のキャッシュカードが国際カードになっていた。その口座にお金を移せばこちらで引き出せるはず。
 早速レストランでiPhone上から振り込みをしてみると、画面上には振り込み完了の文字が出ている。つまりモナの口座はまだ生きている。よく聞けば数百円程度は入っているとのことだった。とすれば十年は口座が温存される。どこにいても思い立った時にそのようなことができるというのは、便利な世の中になったものだ。
 さて今度こそと銀行のATMに行きお金を出そうと思ったら、残高不足? 振り込みに時間がかかるのか? 少し待つことにして、その間振り込み時間を携帯で調べるみると、土曜、日曜、祭日は翌営業日と書いてある。そう言えばその日は土曜日。振り込み手続きは完了したものの、振り込み実行は月曜以降ということに気付いた。
 コンピュータ処理の分くらい、年中無休で対応して欲しいものだ。ついで国際送金も、映画の世界のように端末上でパッとできるならもっと便利になる。

 とりあえず紆余曲折を経て、本日の軍資金も用意できた。僕とユリの準備は完了。後はあのお方のお出かけ準備完了を待つばかり。変身過程を見ているだけで、モナの化粧に気合が入っているのが分かる。この化粧を含めた準備が長い。出がけにこのくらいの記事が書けるほど。そろそろ変身が終了するようだ。
 デートの模様はまた追々。



↓ランキング挑戦中
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



posted at 11:42
Comment(12) | TrackBack(0)
カテゴリー:フィリピン生活
エントリー:612.結婚記念日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。